松岡昌宏★東京五輪チケットに無関心★これ選べんの&俺はテレビで見たい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★東京五輪チケットに無関心★これ選べんの&俺はテレビで見たい」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の「松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「7月14日」は「東京オリンピック」の「チケット」や「スポーツ観戦」について語る場面がありました。

「リスナー」から「オリンピックのチケットに応募したが全滅した」という趣旨の「メール」を読み上げた「松岡昌宏」は、「あぁ、これ。みんな何か言ってますけどね。当たった人、当たんない人って。だからこれ、選べんの?何か見たいって」「例えば100m走見たいっていうのは、100m走を送れたりするの?で、ダメでしたっていうこと?」と、「チケット」に関する決めごとに無関心の様子でした。




「松岡昌宏」は「じゃあ、数多く送ってるってこと?みんな、見たい人は。へえ」と言った後、先日、飲みに行った居酒屋で後ろに座ったおじさんたちが「スポーツ」は生で見るべきか「テレビ」で見るべきかの談義をしていたと報告します。「これ、「意見が」分かれんのよ〜」としながら「俺はね、サッカーとかね、ワールドカップとかテレビで見たい人なのよ」と明かしたのでした。

その理由として「テレビで見て「日本に点数入った!カンパイ!」みたいなのが好きな人間なのね。いつもは静かな居酒屋なんだけど、その日はみんな、お客さん 知らないオジさんたちも「よし!」って言って」と、知らない人たちとその日限りの団結をしながら楽しく飲むことに魅力を感じると説明しました。野球の「日本シリーズ」の時期などには、居酒屋で「読売ジャイアンツファン」のおじさんと肩を並べて「テレビ」で試合を観戦し、巨人軍が活躍するごとに「テンション」の上がったおじさんに「ビール」やつまみをご馳走になったことがあると楽しげに語ったのでした。

その一方で「でも、本当にスポーツが好きな方って、やっぱりその空気をね、歴史を刻む空気を味わいたいわけだから。行って観戦するっていうこともいいんだろうね」と生の「スポーツ観戦」にも理解を示した「松岡昌宏」でした。「松岡昌宏」は大人になって野球観戦をしたことは「3〜4回」しかないと明かしながらも「野球場で見るあの雰囲気、特にナイター。ナイター見ながら、ビール飲んで、唐揚げ頼んでっていうのが一番楽しいかな」と述懐しました。




さらに「これだけは言えるもん。競馬は競馬場で見た方が絶対面白いもん。あの音は、馬の走って行くあのひづめの音は、もう、やっぱり痺れるもんね」と、競馬は競馬場で見るべきだと力説します。「買わなくていいから、馬券を。ビール飲みながら、煮込みで、もう、馬が頑張ってるのを見るっていうの。それでもう全然面白いよ!」と「リスナー」に競馬場に遊びに行ってみることを勧めていました。

多くの国民や芸能人たちが「オリンピック」の「チケット争奪戦」に参加している中、「松岡昌宏」の「マイペース」ぶりにほっこりさせられる放送回となったのでした。

「スポーツ観戦」の仕方は人それぞれの考え方で楽しめば一番いいことなんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。