堂本剛★口パクみたい&口をほぼ開かない★話す理由にファン衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本剛★口パクみたい&口をほぼ開かない★話す理由にファン衝撃」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「7月15日」深夜に放送され、この日は「堂本剛」が登場しました。番組の中で、自身の歌い方に言及する一幕がありました。




この日、番組の冒頭で取り上げられたのは、中学生の時に番組をよく聞いていたという「リスナー」からの「メッセージ」でした。そこには「オープニング、エンディングの音楽や声が恐ろしいほど一緒で、一気に中学生のころにタイムスリップしました」とつづられていました。

「25年」の歴史を誇る本番組ですが、「堂本剛」はこの「メッセージ」に「とはいえ、最初の頃はもうちょっと覇気ありましたよ。アタック感ありましたよ」と苦笑いしつつ、「一番ふわっとしゃべってるラジオですよね、これが」と断言します。たびたび「パーソナリティー」の「“ゆるさ”」が話題になる本番組ですが、この番組が基準になってしまい、「ゲスト」でほかの「ラジオ」に呼ばれても「リラックス」してしゃべってしまうことを明かしました。また「堂本剛」は、「ライブのMCでもこれくらいやし。だからこの番組が軸になってるのかな」とつぶやき、「この声のトーン、あんまり張らない、口角を上げない、口をほぼ開かない」と話し方の「ポイント」を説明していました。

さらに「堂本剛」は「ライブDVDとか「見てると」口パクに見えるもんな」と明かしつつ、「でも僕の手法ですけどね、口開けない方がマイクの中心に向かって声が飛んでいく、っていうのが何となく僕の中にはあるんでね」と、口を開けない歌い方は理にかなっていることを説明しました。「マイクのセンターに、広い塊でぶつけるんじゃなくて、なるべくちょっと細い塊で届けるっていうのがあって」と、口を開けての声の出し方と、口を狭めての声の出し方を説明していました。




歌唱力が高いことでも評判を得ている「堂本剛」ですが、「ライブDVD」を見るとやはり「口パクみたい」と思ってしまうそうです。「それもたぶん、このラジオが軸になってるんでしょうね」とぼやいていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「口をほぼ開けないって高度な歌唱法なのに自虐してるところ、さすがだな」「発声法はなんとなく理解してたけど、ようやくわかった」「口開けて歌わないの、前からすごいな~って思ってた!」といった声が集まっていました。

「口パク」に見えてもしっかりとした歌唱力があるのなら「ファン」も納得せざるを得ないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。