関ジャニ∞★15周年コンサート★亮ちゃんが険しい顔★脱退報道を想起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★15周年コンサート★亮ちゃんが険しい顔★脱退報道を想起」の事をお伝えしたいと思います。

「7月14日」の北海道公演を皮切りに「スタート」した「関ジャニ∞」の「5大ドームツアー」「十五祭」です。「CDデビュー15周年」の節目となる「記念ツアー」で、当日は懐かしの名曲から最新曲まで披露し、客席を大いに沸かせたといいます。ですが、「6人」の挨拶や演出をめぐって、一部の「ファン」は「メンバー」の脱退、または「グループ解散」を不安視しているようです。

昨年「7月」に「メインボーカル」の「渋谷すばる」が脱退したため、「6人体制」で「再スタート」を切った「関ジャニ∞」でした。従来の「ジャニーズアイドル」のような歌って踊る「パフォーマンス」だけでなく、「バンドスタイル」の演奏も持ち味の一つとなっています。初日に参加した「ファン」の「レポート」によれば、今回は「6人」の「ダンス」も存分に楽しめる構成だったとのことでした。「2017年」に脳腫瘍「髄膜腫」の摘出手術を受けたほか、昨年「4月」に背中と腰に全治「3カ月」の骨折を負った「安田章大」も、「元気に踊ってた」と歓喜の声が続出しました。

一方、ここ最近の「関ジャニ∞」については不穏な話が飛び交っています。「3月発売」の「週刊文春」「文藝春秋」では、「錦戸亮」が「グループを脱退する意向を固めた」と報道し、続いて、「週刊女性」「主婦と生活社、3月12日発売」も「大倉忠義」が脱退を考えていると伝えたのでした。これ以降、複数の「メディア」が追随する形で、昨年「11月」に「大倉忠義」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」内で悪質な「ファン」のつきまとい行為に苦言を呈した一件や、このところ「関西ジャニーズJr.」の「プロデュース」に力を注いでいる点を挙げつつ、この疑惑を取り上げていました。




「2人」の脱退説によって解散危機も囁かれていますが、「メンバー」は「Johnny’s web」や「テレビ」で一連のうわさに言及しておらず、明確には否定していない状況です。そんな中、「十五祭」の「グッズ」に関しても「ファン」が「ザワ」つく事態になりました。「関風ファイリング」「ここにしかないフォトセット」「応答セヨ!ライト」などの「ラインナップ」が、過去に「リリース」した曲の「タイトル」をもじっているようです。この時点で、「エイトのグッズが集大成すぎて怖い」「グッズを見ると、もう関ジャニ∞が終わってしまうのでは、と考えてしまってつらい」と、「マイナス」な方向に捉える声も出ていました。

また、公演内での「メンバー」の発言に引っかかりを覚える人もいたようです。終盤の挨拶は「ステージ」上ではなく、映像で「コメント」が流れる形だったというのですが、特に「ファン」は「大倉忠義」の「もし別の場所にいても、それぞれが最後には綺麗な花を咲かせたいと思います」といった言葉を重く受け止めたようです。さらには、「村上信五」が「7月9日」に亡くなった「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長」の名前を出し、「ジャニーさんにも大きな拍手を~!」と呼びかけた直後に、「錦戸亮」の「“表情が変わった”」と複数の人が指摘しています。

「ネット」上には「最後に村上くんが「ジャニーさんに大きな拍手を」って言った時、亮ちゃんの顔が険しかった。なんか地雷踏んだのかな」 「「ジャニーさんにも大きな拍手を~」って言った瞬間、亮ちゃんがスゴい険しい顔して、一瞬でステージからハケた」「「ジャニーさんに大きな拍手を!」と言って、その後カメラに抜かれた亮ちゃんが怖い顔してたのが引っかかる」と「レポート」が上がり、公演に参加できなかった「ファン」にも動揺が走りました。

公演終了後、「一部ファン」からは「エイトなら報道を否定してくれると思ってた。でも最後の挨拶は、否定どころかそれを匂わしてるようにしか聞こえなかった」「大倉のコメントで顔が引きつった。否定しないなら早く発表して。生き地獄はつらい」と落胆の声が上がっています。




とはいえ、解釈はそれぞれ違うのか、「大倉忠義」の「それぞれが綺麗な花を~」といった「コメント」は、「グループ」を脱退した「渋谷すばる」や「内博貴」に向けたものではないかと予想する声が出ています。また、「ツアー」の「パンフレット」に「関ジャニ∞の旅はまだまだ続きます」と書かれていたこと、「横山裕」が「これからも頑張ります」と前向きに話したことを引き合いに、「ポジティブ」な「ファン」は脱退や解散は「“ない”」と、感じたようです。挨拶が生の声ではなく「VTR」だったことを不満に思う人もいたようですが、それも公演時間を調整するためではと、推測する書き込みもありました。

悲観的な感想が目立つ一方で、「最初からコンサートを見ればなんてことない感謝の言葉と、辞めた人へのエールでしかない」「私は全員の挨拶を聞いてポジティブに受け取った」「広まってるうわさをわざわざ否定する必要もない。余計な心配せず、目の前のエイトを信じてればいいと思えた」とする「ファン」も少なくないようです。

「関ジャニ∞」は「7月19日~21日」に「愛知・ナゴヤドーム」で公演を行い、「京セラドーム大阪、福岡 ヤフオク!ドーム」をまわった後、「9月1日~3日」の「東京ドーム公演」で「ファイナル」を迎えます。今後、鑑賞予定の人は、「プラス思考」の「ファン」の意見を参考にすべきなのかもしれないですね。

「3月」の「錦戸亮脱退報道」が今も「ファン」の中にくすぶり続けておりちょっとした「メンバー」の変化にも敏感になっているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。