千賀健永★審査員からウザい&性格悪い★批判続出の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「千賀健永★審査員からウザい&性格悪い★批判続出の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の「冠バラエティ番組」「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」が、「7月18日」深夜に放送されました。この日の「テーマ」は 「彼女が絶対に聞こえるオナラをしてしまった際の対応」でした。審査員には、「一般女性70人」と、「お笑いタレント」の「大久保佳代子」と、「女優・山本舞香、ヴァイオリニスト・木嶋真優」が登場しました。




今回はまず、「北山宏光」が高得点を叩き出します。彼女が「オナラ」をして、恥ずかしそうにする姿を見た「北山宏光」は、彼女に自分の尻を向けて軽くうなり、その後ちょっと照れながら「お返しね」と一言。自分も「オナラ」をしたことにして、彼女を完璧に「フォロー」することに成功していました。「北山宏光」の対応に一般審査員からは「恥ずかしさ半分こ!」「優しさを感じる」などの絶賛が上がり、得点は「52点」となります。「ゲスト審査員」からも「25点」を獲得し、「総合得点77点」と高得点を記録していました。

ですが、「北山宏光」よりも得点を集めたのは、最後に発表された「横尾渉」でした。「オナラ」をして恥ずかしそうにする彼女に対し、「照れるなよ。何年の付き合いだと思ってるんだよ」と慰め、「それより見たい映画があるんだけど、一緒に見てくれる?」とさりげなく、そして素早く話を変え、「スマートすぎる!」といった声を集めました。一般審査員からは「70点中67点」という高得点を獲得し、総合得点で「81点」を記録しました。この日は「横尾渉」が「第1位」となりました。




一方 低評価を集めてしまったのは、「千賀健永」でした。彼女の「オナラ」の音が聞こえても無言だった「千賀健永」に、一般審査員から「沈黙が地獄」という「ツッコミ」が入ります。ここで「千賀健永」は、「プ」と言いながら「米津玄師」の「Lemon」「2018」を歌い始めるという、まさかの対応に出ます。突然のことに戸惑う彼女へ、「千賀健永」は「一緒に!」と歌うことを強要します。「2人」そろって「プ」の音で「Lemon」を熱唱するという、奇妙な展開が起こっていました。当然、一般審査員からは「ウザい」「性格悪いな」という悪評を集め、総合得点「21点」という不名誉な結果になりました。

この日の放送に視聴者からは、「千賀くんが一生懸命なのはわかるけど、フォローになってないし滑ってるし散々だな「笑」」「うまくフォローするのって難しいと思うけど、横尾さんは完璧だった!」「それぞれ優しさは感じた。不器用な感じがかわいいとも思えるし、私はどれも好きだったな~」などと評価が集まりました。

「千賀健永」に対する不名誉な結果も審査員次第では高得点になっていたかも知れないですよね。「フォロー」の仕方は人それぞれ違うように審査の点数も審査する人で決まりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。