手越祐也★左足首のタトゥー明らかに★マジだった&バッチリある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「手越祐也★左足首のタトゥー明らかに★マジだった&バッチリある」の事をお伝えしたいと思います。

過去に複数の女性芸能人たちと浮き名を流し、「“ジャニーズイチのチャラ男”」との呼び声も高い「NEWS・手越祐也」です。昨年「6月」、「週刊文春デジタル」の報道により、「小山慶一郎&加藤シゲアキ」に次ぐ「第二の未成年女性飲酒疑惑」が表沙汰になった以降は夜遊びのうわさも減っていたものの、相変わらず派手な生活を続けているようです。「7月19日」発売の「フライデー」「講談社」で「東京・赤坂」にて「ドンチャン騒ぎ」する模様が伝えられ、「ファン」の関心は「手越祐也」の「“ある部分”」に集まっているといいます。

同誌によると、「15人」ほどの仲間と赤坂の居酒屋から出てきた「手越祐也」は、路上で記念撮影大会を始めるなど、かなり「ハイテンション」な様子だったそうです。写真を見る限り、「手越祐也」は「白いパーカー&ハーフパンツ」に「サンダル、クラッチバッグ」という「ラフ」な装いながら、「キャップ」と「サングラス」で顔を隠しています。そんな中で、目を引くのが「手越祐也」の左足首です。掲載されている「3枚」のうち、「2枚」は「リング状」の黒っぽい影が見え、横から撮ったもう「1枚」の「カット」は、円形の「デザイン」が確認できます。言わばこれは「“プライベートの盗撮写真”」のようです。本誌が「モノクロページ」のため、わかりにくいですが、以前より囁かれていた「タトゥー」が写り込んでしまったようです。

「手越祐也」の「タトゥー説」が盛り上がったのは、昨年春頃のことでした。「レギュラー出演」する「バラエティ」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」の「3月18日」放送回にて予告映像が流れた際、「手越が両足首にテーピングを巻いている」と、視聴者の間で話題になりました。実はこの「オンエアー」前、空港で盗撮したとみられる写真が出回った時、「ハーフパンツ」を履く「手越祐也」の片足首に「タトゥー」らしき青黒い円状の「マーク」が見えていたのです。「“テーピングはタトゥー隠し”」との疑いが強まる一方、過去には素足で雑誌などに登場していただけに、「ファン」は「タトゥー」の存在を認めず、疑惑止まりとなっていました。




その後、「8月上旬」にある「Twitterアカウント」が、「手越祐也」の「左足首、右足首、おへそ」の横に「タトゥー」が入っていると、「ツイート」したようです。これを受け、「ファン」は「手越祐也」の着替え「シーン」などを「チェック」しました。すると、「イッテQ」で「Tシャツ」を脱ぐ場面でへそ下に黒い影があり、これが「タトゥー」ではないかと、指摘が上がりました。ですが、足首に「タトゥー」らしきものがない状態で「メディア」に出ることもあり、「一部ファン」は「タトゥーは入れていない」と、信じ切っていたようです。ですが「6月発売」の新曲「トップガン」「初回「“トップガン”」盤」の「ジャケット写真」では、「小山慶一郎」や「増田貴久」が足首をさらけ出しているものの、「手越祐也」は「長ズボン」で、かつ黒い靴下を履いていました。

今回の「フライデー」の写真に対し、「NEWSファン」は「手越のタトゥーってマジだったんだ」「タトゥー入れてたの!? あれってシールじゃなかったの?」「タトゥーは疑惑じゃなくなったね」「タトゥーがバッチリある」と、衝撃を受けています。以前、流出した空港での写真と「タトゥー」の形が一致するため、「ファン」も「本物だったのか」と動揺したのでしょう。

また、同誌には「雨上がり決死隊・宮迫博之」が「犯罪者グループ」とみられる男たちと一緒にいる写真や、「V6・三宅健」の「相合い傘」「デート」など、注目度の高い「スクープ」が並んでいることから、同誌を手に取った人も多かったようです。一般の「ネットユーザー」や「NEWSファン」以外の「ジャニーズファン」からも、「手越くんの写真を見たけど、足首にタトゥー入ってない?ビックリ!」「NEWSファンって、手越がタトゥー入れてるのみんな知ってたの?」と、驚きの声が漏れています。

ちなみにこの「ドンチャン騒ぎ」と思しき飲み会の詳細については、「手越祐也」本人が「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ、7月17日放送」で言及したばかりでした。話のきっかけとなったのは、「手越祐也」が音楽特番「THE MUSIC DAY 2019 ~時代~」「日本テレビ系、同6日放送」内で、「X JAPAN」の「ヒット曲」「紅」を熱唱したことでした。放送後、「X JAPAN」の「ボーカル・Toshl」が「ブログ」「8日付」で「カッコいいと素直に感じる 魂込もった素晴らしいパフォーマンスでした」と「ベタ」褒めし、自身も刺激を受けたと綴っていました。「Toshl」に強いあこがれを抱いている「手越祐也」は、食事会の最中に「ブログ」の内容を知ったそうで、




「ちょうど友だちの、俺のホントお世話になってるパパの誕生日会をやってて。みんなでご飯食べながら。その時に京本政樹さんも目の前にいて。共通の知り合いだから。一緒に政樹さんも「スゴかったよあれ、感動しちゃったよ」みたいなことを言ってくれてて。ちょうど音楽ディレクター、プロデューサーからメールがあって。そのToshIさんのブログのコピペ「コピー&ペースト」が俺に来て。まぁ、泣きましたよね「笑」。京本政樹さんにトントンってやられて。ハハハハ!うれしすぎて!」

と、語っていました。「フライデー」の記事内では名前こそ出ていませんが、「手越祐也」の背後に「京本政樹」が写っていることから、「トントン」された夜だったのでしょう。

こうした「プライベート」にまつわる報道で、思わぬ「“秘め事”」が明らかになった「手越祐也」です。「シール」ではなく、本当に「タトゥー」を入れていたのだとすれば、今後も「テレビ」などではひた隠しにしていくのでしょうか。

「フライデー」確信がない限り掲載することはないでしょうね。「ファン」の心配が少しでも和らぐことができれば良いのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。