伊野尾慧★少年隊さん、大変申し訳ありません★必死に謝罪の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★少年隊さん、大変申し訳ありません★必死に謝罪の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、7月20日放送」に、「伊野尾慧」と「高木雄也」が登場しました。「ゲスト」に「お笑いコンビ・イワイガワ」の「岩井ジョニ男」を迎え、昭和の「ノスタルジースポット」をめぐる「日本ノスタル遺産」が放送されました。

平成生まれの「Hey!Say!JUMP」が、昭和の懐かしいものを調査するこの「コーナー」です。まずは、「昭和50年代」の「“スーパーカーブーム”」から生まれた、当時の人気自転車「スーパーカー自転車」が紹介されました。この自転車は、「ボディ」の真ん中に車の「ギア」のような「多段変速ギア」がつけられ、「フロント」にある長細い「ライト」は、まるで本物の「スーパーカー」の「ライト」のようです。初めてこの自転車を見たという「高木雄也」は、「顔がいいね」「フォルムがめちゃめちゃかっこいいの!」と食いつきます。




「高木雄也」は番組企画で「カーレース」を行うなど、「“車好き”」として「ファン」に知られています。「伊野尾慧」もこれには「高木、車好きだからテンション上がっちゃってる」「収録終わりに、高木「“買い取り”」あるよ」といい、「買い取りてぇ!」と大興奮する「高木雄也」でした。「スーパーカー自転車」を乗り回し、子どものように遊んでいたのでした。

その後、一行は茨城県稲敷市にある「ドライブイン」「あらいやオートコーナー」に移動します。ここには全国で「2カ所」しかない、「昭和40年代」に開発された「手作りお弁当がでてくる自動販売機」が存在し、「焼肉弁当」「ひれかつ弁当」「メンチカツ弁当」などが「300円」で売られていました。「ボロボロ」な見た目の自販機に、「伊野尾慧」は「機能してないでしょ?」と怪しんでいたものの、お金を入れると緑の紙に包まれた「メンチカツ弁当」が登場しました。

さっそく弁当を食べようとする「2人」に、「ジョニ男」は「昭和ジャニーズ」の名曲が流れる「ノスタルイントロクイズ」を出題します。正解しないと弁当が食べられないという試練が与えられました。「第1問」は、少年隊の「仮面舞踏会」「1986年」で、これを「光GENJI」の「パラダイス銀河」「1988年」と答えた「伊野尾慧」は不正解になります。一方の「高木雄也」は見事正解し、「先輩の曲外すなよ!」と「伊野尾慧」に「ダメ出し」されます。大失態を犯してしまった「伊野尾慧」は「うわー!!」と絶叫し、「東山「紀之」さん、植草「克秀」さん、錦織「一清」さん、大変申し訳ありませんでした!」と少年隊に謝罪していました。




その後、「リベンジ」したいと「番組スタッフ」に申し出た「伊野尾慧」ですが、「イントロ」が流れても「何だっけ?」を連呼する始末でした。やっとのことで「ギンギラギンにさりげなく」「近藤真彦、81年」を答えて正解し、「ジャニーズアイドル」として面目を保ったのでした。

この日の放送に「ネット」上では、「伊野尾ちゃん、どんだけイントロクイズ苦手なのよ!先輩の曲は間違えちゃだめでしょー!」「今日の「いたジャン」を少年隊先輩が見ていないことを祈る「笑」」「これ、私の方が正解率高いと思う。伊野尾ちゃんはもっと勉強して!」と「ファン」から「伊野尾慧」への「ツッコミ」が飛んでいました。

平成生まれの「伊野尾慧」とは言え大先輩の名曲を不正解してしまうのはあまり褒められたものではないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。