相葉雅紀★全然意識してない&どこからラッキー★ラッキナンバーの意味疑う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★全然意識してない&どこからラッキー★ラッキナンバーの意味疑う」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が、「7月19日」深夜に放送されました。




「子どもの頃の想像・妄想・勘違い」を「リスナー」から募る「コーナー」で、「私は小学校3年生の頃、相葉くんが好きすぎて相葉くんと同じ髪形にしていました」という「メッセージ」が紹介されました。「相葉雅紀」はこれに「うれしいね」と喜んだあと、「俺はあれだからね。吉田栄作さん「の写真」を「美容室に」持ってたから、小学生の時」と、小学生時代は「吉田栄作」に憧れて、髪形を「マネ」していたと告白しました。さらには「白T「シャツ」着て、Gパン履いて」と、服装まで参考にしていたと語っていました。

学生時代の話は続き、「どの教科のノートも1ページだけ異様にキレイです。でも3ページ目から雑になってくるんです。相葉くん、こういうことなかったですか?」という「リスナー」からの質問に、「ある、ある!」と共感していた「相葉雅紀」です。なんでも、筆圧が強いために「2ページ目から跡がすごい」らしく、下敷きを使わないと「キレイ」に「ノート」をとれないそうです。

そんな話から、「番組スタッフ」が「おじさんたちの時代は、下敷きは中にグラビアとか入れられるようなファイルカードにして、中に好きなタレントの写真とか入れてる人いっぱいいた」と振り返ります。「相葉雅紀」もこれに心当たりがあるようで、「俺らの時代、女子はV6さんの下敷き使ってた」と学生時代に思いを馳せていました。




話題は変わり、「“縁起のいい数字「ラッキーナンバー」”」の話になりました。「12月2日午後2時22分生まれなので、2が好き」という「リスナー」から、「ラッキーナンバーはありますか?」と質問された「相葉雅紀」は、「全然意識してないんだよな~」と「ポツリ」。車や「バイク」の「ナンバープレート」は自分で好きな数字を選ぶことも可能ですが、最近「相葉雅紀」が購入したばかりの「バイク」も「陸運局が出してくれた番号」と、こだわりはないといいます。そもそも「どこからそのラッキー「俺はラッキーだ!」って、どうやって判断すればいいだろう?」と、疑問を口にしたのでした。

ですが、過去にはこんな発言がありました。「第30回」「ベストジーニスト2013」にて、当時「30歳」の「相葉雅紀」が同賞を「3回連続」で受賞し、殿堂入りを果たした際、「3回連続・30回記念・30歳で受賞」ということにちなみ、「今まで人生の中でラッキーナンバーはなかったんですけど、これからは「“30”」でいきたいと思います」と「コメント」していました。「相葉雅紀」はこの時のことを、すっかり忘れてしまっているのかも知れませんね。

こだわりを持たないことでいるところが「相葉雅紀」の一番の魅力なのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。