KinKi★歌のサプライズ★泣けてきそう&ゾクっとしたと感激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「KinKi★歌のサプライズ★泣けてきそう&ゾクっとしたと感激」の事をお伝えしたいと思います。

「7月20日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「ミュージカル俳優」の「山崎育三郎」が「ゲスト出演」しました。

「ゲストのやりたいことをする」というのが「コンセプト」の同番組です。「山崎育三郎」のやりたいこととは、「母校である東京音楽大学を知ってほしい!」というものでした。高校から音楽学校に通っていたという「山崎育三郎」は、「指が大切なので、体育の授業のバレーボールは「“ふにゃふにゃのボール”」でやる」「女性が9割で、男子生徒が少ないため誰でもモテる」など、登場して早速「“音大あるある”」を披露していました。




「3人」は「東京音楽大学・池袋キャンパス」を訪れ、生徒からも「“音大あるある”」を聞くことになりました。「声楽専攻は声量があるため笑い声が大きい」「打楽器の学生はカバンがスティックで埋まる」「防音設備完備の練習室がある」などと語られる中、「山崎育三郎」の恩師である「立原ちえ子准教授」が登場しました。「堂本光一」が「「山崎は」どんな生徒だったんですか?」と聞くと、「立原ちえ子准教授」が「真面目でとっても良い子でしたよ。やっぱりモテてたし」と振り返り、笑いを誘いました。

その後、「声楽専攻の授業を受けてもらいたい」と言う「山崎育三郎」に、「堂本光一」は「嫌な予感しかしない」と渋い顔。教室へ行ってみると、十数人いる生徒たちが「おはよう」と言い合っている光景を目にすることになります。これは「舞台基礎の入門講座」として、「「“おはよう”」をいろいろなパターンで表現していく」という、「“感情表現”」の授業なのだそうです。

説明を聞いた「堂本光一」は、「もう、一番嫌いな授業」と「バッサリ」。ですが、「山崎育三郎」に促されてこの授業に参加した「堂本光一」と「堂本剛」は、両手を取り合い、久々の再会を祝うような形で「おはよう」を披露します。最初は嫌がっていた「堂本光一」も、やり終わった後には「なんかやっぱり、解放につながる」と、心境の変化を告白します。「山崎育三郎」も「プロの現場もそうですけど、緊迫感のある中でどれだけ自分を解放できるかっていうのは将来役に立つ。自分を解放することは、歌うのに大事」と断言しており、「堂本光一」も納得の表情を浮かべていました。




最後は、「山崎育三郎」と学生から「KinKi Kids」に「“歌のサプライズ”」が贈られました。学内にある「音楽ホール」へ導かれ、「KinKi Kids」の「ボクの背中には羽根がある」「2001年」を合唱する学生たちと「山崎育三郎」。その姿を見て、「2人」とも「ありがとう。泣けてきそうな」「剛」「うれしい。泣ける感じしたよね。ゾクっとした」「こんないい曲、俺ら歌ってるんだ」「光一」と感動していました。そんな中、「堂本光一」が突然「学生時代、彼女いなかったの?」と「山崎育三郎」に質問し、「学生時代?いるがな!」と茶目っ気たっぷりに答え、番組は終了しました。

この放送に「ネット」上では、「「ボクの背中には〜」すっごい良い曲だなって改めて思った。あれは名曲だ!」「山崎さんと音大生のみなさんの大合唱「ボクの背中には羽根がある」に思わず涙」「2人で真剣に歌声を聞いてる様子が胸キュンだったな~」との声が寄せられており、感動した「ファン」が多かったようです。

自分たちの歌を合唱されて改めて「2人」の歌の素晴らしさを再認識したようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。