田中斗希★暴露記事★公取委からの注意★出版社への圧力も弱まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「田中斗希★暴露記事★公取委からの注意★出版社への圧力も弱まる」の事をお伝えしたいと思います。

「元ジャニーズJr.」が、「7月23日」発売の「週刊女性」「主婦と生活社」で、今月「9日」に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で死去した「ジャニー喜多川氏」との思い出を語り、「一部アイドル誌編集者」の間で物議を醸しているといいます。

記事によると、「元ジャニーズJr.」の「田中斗希」は、「ジャニー喜多川氏」から食事をご馳走になったことや、お小遣いをもらうことがあったといい、また「Kis-My-Ft2」が「2013年8月」に発売した「シングル」「キミとのキセキ」の「MV撮影」で、「田中斗希」が「バックダンサー」として参加した際、「ジャニー喜多川氏」が前方の「ポジション」に変更してくれたことなど、「ジャニー喜多川氏」の温かい人柄がわかる数々の「エピソード」を明かしました。




ですが、その「田中斗希」は「2014年6月」発売の「週刊女性」に、当時現役の「Jr.」だったにもかかわらず、「新宿2丁目」の「ホストクラブ」に勤務していたことを報じられています。

その後、「田中斗希」は「ジャニーズ」から謹慎処分を下されました。ですが、謹慎期間中に、「ファン」も参加する「“慰めパーティー”」を開催していたことを、「フライデー」「講談社」に報じられ、「ジャニーズ」を退所することになったようです。退所後は飲食店を経営し、「現役Jr.」との交流もあったとうわさされています。

そんな「田中斗希」が、「“天敵”」であるはずの「週刊女性」に登場し、「ジャニー喜多川氏」に関する「インタビュー」に答えたため、「一部アイドル誌」界隈は「なぜ?」と騒然となったといいます。

「週刊女性」は近頃「ジャニーズ」との距離を縮めているようですが、基本的に「“アンチジャニーズ媒体”」として有名です。そういった意味では、「田中斗希」が「週刊女性」の「インタビュー」に答えるのは何ら不思議ではありません。一方で、「アイドル誌」界隈では、こうした「元ジャニーズ」が現役時代のことを語る機会が今後増えていくのではないかともささやかれています。




その背景には、「ジャニーズ事務所」が、「元SMAP」で「ジャニーズ」を退所した「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」の「3人」への「“圧力”」をめぐって、公正取引委員会「公取委」から独占禁止法違反につながる恐れがあると、注意を受けていたことが関係しているといいます。

この一件は「17日」に「各メディア」で一斉報道され、大きな話題を呼びました。「ジャニーズ」はこれを受け、「テレビ局」などに対して「圧力などをかけた事実はない」と否定し、「今後は誤解を受けないように留意したい」と発表しましたが、となると、今後「出版社サイド」にも圧力をかけにくくなるはずです。これまでであれば、「ジャニーズ」から決して許されなかったであろう「“元ジャニーズの暴露記事”」も世に出やすくなることでしょう。

今回は「“思い出話”」を披露しただけですが、いつかそれが「“爆弾投下”」とならないことを祈るばかりですね。

「ジャニ―喜多川氏」死去後、これからは出版社が踏み込めなかった「ジャニーズ」の内部事情が明かされる時がくるかも知れないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。