二宮和也★なんで俺に憧れる&信用してない★自身を慕う後輩をバッサリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★なんで俺に憧れる&信用してない★自身を慕う後輩をバッサリ」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が、「7月21日」に放送されました。この日は、「嵐」や「二宮和也」にまつわる質問が寄せられる「コーナー」「裏嵐」にて、自身を慕う後輩への思いが語られました。

小さいころ、「嵐・松本潤」の「ファン」だったという男性からの「メッセージ」が届き、「二宮和也」へ「小さい頃、誰のファンでしたか?」と質問が届きます。これに「二宮和也」は、「僕は原さんのファンでした」と、「読売ジャイアンツ」の「原辰徳監督」の「ファン」だったと告白しました。




そして「ゴールしたよね、人として。ずーっとちっちゃい頃に好きで見てた人が、認識してるんですよ?自分のこと。人生1回分終わったと思ってるよ」と、「ジャニーズアイドル」になったことで「原辰徳監督」に認識され、かなり満足感を得たと発言します。好きになったきっかけについては、「気づいたら好きでした」と語っていました。

その流れで、「スタッフ」から「自分自身がそういった存在になっているのでは?」と話を振られると、「二宮和也」は「あ~、「ジャニーズ」Jr.の子たちとかってこと?なんで俺に憧れるかわからないね」と「バッサリ」。続けて「二宮くんに憧れていますっていう人、あんまり信用してないよ」と、笑いつつも辛辣な「コメント」を放ちます。

「二宮和也」に憧れていることを公言している後輩と言えば、「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」の「西畑大吾」をはじめ、「Hey!Say!JUMP・山田涼介、KAT-TUN・中丸雄一」など多数いますが、「二宮和也」は自身について、「例えばさ、歌がうまいとか踊りがうまいとかさ、俺はそういうのからうまく陰に隠れて、ジャニーズ生活送ってきたから。自分の特性を出してこなかった。ゲームばっかりやってたから」と分析した上で、「「年下が」憧れる要素がないと思ってるわけ」と「クール」な反応です。どうしても自分が後輩から慕われる理由がわからないようでした。




ですが、放送を聞いていた「ファン」からは「自分を卑下しすぎだよ!でも、そういう謙虚すぎるとこがお仕事につながってくのかな?」「歌もダンスも演技も、二宮さんに惹かれるところ絶対たくさんあると思う!」「逆に考えれば、ここまで無自覚で人に好かれるってすごいことでは 天性のアイドル」など、「ツッコミ」や驚きの声が集まっていました。

意外にも自分に自信のない一面が明らかになった「二宮和也」ですが、そんな素顔もまた、後輩を惹きつけているのでしょうね。

「二宮和也」の魅力を語らせたら慕う後輩達の喋りが止まらなくなるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。