松田元太★東海道餃十三次★二神浩晃氏のSNSに苦言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松田元太★東海道餃十三次★二神浩晃氏のSNSに苦言」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.ユニット」内の「SixTONES、Snow Man、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年」が出演する「バラエティ」「調べるJ」「テレビ朝日系」が、「7月20日」に放送されました。番組の「オンエアー」前から、一部の「Jr.ファン」がある出演者を「“要注意人物”」とみなす騒ぎが勃発していたというのですが。

今回の「調べるJ」は、昨年いっぱいで表舞台から退き、「Jr.」の「プロデュース」を手がける「株式会社ジャニーズアイランド代表取締役社長・滝沢秀明氏」や、「嵐、関ジャニ∞」ら、いわゆる「“ジャニーズJr.黄金期”」の「メンバー」が出演していた「バラエティ番組」「8時だJ」「1998年4月~1999年9月、同」の後継番組となっています。真偽不明な情報を「Jr.」が体を張って調査するという「コンセプト」で、「5グループ」に加えて「テレビ朝日アナウンサー・弘中綾香」、「8時だJ」で「MC」を務めた「タレント・ヒロミ」も出演しました。

「調べるJ」では、「Jr.」が「あらゆる生活用品をタダでもらいまくっている人」「たった40人しかいない富裕層向けのスーパー家政婦」などについて調査しました。視聴者からは、「面白かったからレギュラー化希望」「思ったより面白くて見入った」と、好意的な声が多く見受けられました。一方で、「ロケVTR」の割合は「Snow Man・佐久間大介、HiHi Jets、Travis Japanメンバー」が中心だったため、「5グループ」が勢揃いした意味を問う声もありました。「Jr.の無駄遣い」「あまりにもつまらない」と、「シビア」な感想がわずかに出ていました。

そんな中、反響を呼んだのは「Travis Japan・松田元太」が単独で挑戦した「体当たりロケ企画」「東海道141キロを3日で走破できるか!?」でした。これは、「大手餃子チェーン」「餃子の王将」の餃子を食べながら、東海道を走る「東海道餃十三次」を敢行しているという「“プロ水流ランナー”」こと「二神浩晃氏」に同行し、「東京・日本橋」から「静岡・沼津」までを走りぬく過酷な「チャレンジ」となっています。きっかけは、「二神浩晃氏」が今年「3月」に「餃子の王将の餃子「と水」だけを補給して、東京日本橋から京都三条大橋までを走って旅する「東海道餃十三次」。この構想がとうとう完成と、「ツイート」したことでした。




「二神浩晃氏」は建築士として働く「2児」の父であり、「47都道府県」の海や川をたどって山頂まで走破するなど、「プロ水流ランナー」の一面を持つ男性だそうです。「松田元太」は立案者の「二神浩晃氏」と一緒に「餃子は1日合計10皿以上」といった「ルール」に基づいて餃子だけを食べ、足の不調や疲労に苦しみつつも前を向いて走り続けたようです。一時は「ゴール」が危ぶまれるも、「松田元太」の諦めない姿勢が視聴者の感動を呼びました。

一方、「二神浩晃氏」は「調べるJ」の情報が解禁された後、自身の「Twitter」上で出演告知したほか、「Travis Japanファン」の投稿を数多く「リツイート」したり、撮影時の裏話を投稿するなど、番組や「松田元太」の情報を積極的に発信しました。

「ロケ」を通して「松田元太」を気に入り、「“応援してあげたい”」との気持ちが芽生えたようですが、度を越している印象は否めませんでした。例えば、「7月12日」夜には「スタートのとき、「完走できたらゴールで待っていてくれる」と、喜多川社長のお迎えを本気で楽しみにしていました」「しかし、喜多川社長はゴールにはいませんでした。日本橋をスタートしたまさにその日、6/18に、倒れていたのです」と、「ジャニー喜多川社長」に絡めて「松田元太」の思いを勝手に代弁しました。また、「15日」には「疲れがピークの頃に繰り出された元太くんの「オレの九九」、おもしろかったなぁ。あれ、放送されるのかな?」と、番組放送前にもかかわらず投稿しています。

さらに、「17日」には「そういえば元太くん、ぼくみたいな一般餃民にもちゃんと丁寧に応対してくれた「いまだに連絡すると必ず返事をくれる」し、「スタッフ」一人ひとりにも全力、「カメラ」が回ってないところでもいつも一生懸命、精一杯に自分を出し切っていたなぁ」と、「松田元太」を褒める流れで連絡先を交換している旨を記していました。

こうした投稿を続ける「二神浩晃氏」に対し、「ネット」上の「ファン」は「元太のことベラベラしゃべってる餃子のおじさんは何なの?調子に乗っちゃってるの?」「ファンに元太の連絡先を教えたりしないかとか不安になる」「餃子おじさん、元太の頑張りを無駄にしないで」と「ドン引き」しているようです。「二神浩晃氏」の「Twitter」にも、「元太くんを盾にしてネタバレを書いたり、「連絡をとっている」という芸能人にとってデリケートなことを書いたりするのはやめたほうがいいんじゃないですか」「放送前にいろいろ話を出しすぎなのでは?純粋に放送を楽しみにしているので、節度を持ってほしい」「こちらの話は、本人の許可を得たツイートでしょうか?本人が拡散を望んでいるのか心配」「彼を応援してるのなら、発言には注意を払っていただきたい」と、苦言が寄せられていたのです。




これらの声を受けて、「二神浩晃氏」は「元太くんのことで、「放送前にそこまで言っていいの?」「喋りすぎなんじゃないの?」という一定の批判をお聞きします。すべて真摯に受け止めております』と胸中を吐露し、全ては「彼とトラジャが今後輝くため」にと、慎重に言葉を選んで「ツイート」していると主張しました。「ジャニーズ」や「テレビ局」への配慮は怠っていないといい、「ただただ、元太くんを応援したい、みんなといっしょに彼を大スターに育てたい、ほんとそれだけです」「テレビサイドからも、ジャニーズサイドからも、何も言われておりませんが? 何基準でアウトでしょうか?」「ともに18日付の投稿」と、釈明しています。

その後、録画番組の「コピーDVD」を譲渡するという話を書き込んだようですが、助言を聞いて「考え直しました」「全面的に取りやめにします」「20日」と撤回。「DM」「ダイレクトメッセージ」での質問受付については、「松田元太くんのプライバシーに係る質問にはお答えできません。あくまで東海道餃十三次の企画に関する質問に限らせていただきます」と断言し、「20日」には「ぼ、ぼくが、ジャニーズ人気に便乗してるですと?!なぜそうなる「笑」」との一文も「アップ」しています。

「オンエアー」を迎えると、「収録は一ヶ月以上前のことで、ぼくにとっては遠い過去のこと」と、興味が突如失せたかのような一文を投稿しました。ですが、その後も番組関連の「ツイート」は続いており、「脅迫めいたお叱りのご連絡」については「“ひとつずつ丁寧に対応”」すると宣言していました。

今回、実施された「東海道餃十三次」は、「日本橋~三条大橋」までを「4章」にわけて走り切る計画の「第1章」でした。「二神浩晃氏」は「Twitter」で「シリーズ化」を望んでいましたが、「Jr.ファン」から顰しゅくを買ってしまった中、「第2弾」は実現するのでしょうか。

「二神浩晃氏」の発言には「ファン」も苛立ちを隠せないようですね。個人情報が駄々洩れ状態に思えてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。