三宅健★ジャニーさんが頑張ってくれた最高の演出★偉大な人と敬意表す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★ジャニーさんが頑張ってくれた最高の演出★偉大な人と敬意表す」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「7月22日」深夜の放送では、「9日」に逝去した「ジャニー喜多川社長」について言及しました。

「13日」放送の音楽番組「音楽の日」「TBS系」では、芸能界引退後、現在は「裏方スタッフ」として活躍している「滝沢秀明氏」の「プロデュース企画」を実施しました。「三宅健」も出演した舞台「滝沢歌舞伎」の名物「“腹筋太鼓”」を、「ジャニーズJr.内ユニット」「Snow Man」が披露するという内容でした。




同番組について「リスナー」から、「ジャニーさんが愛情を注いだ子どもたちであるみなさんが、この上ない笑顔と情熱のパフォーマンスを届けてくださいました。この感動と多幸感こそが、ジャニーさんからの贈り物なんだなあと思い、感謝の気持ちでいっぱいです」という「メッセージ」が届くと、「三宅健」は「中居「正広」くんもいてさ、緊張したと思うんだけど、本当にみんな、それぞれのジャニーさんへの思いっていうのが、太鼓を一つ鳴らすたびに感じられて、すごく良い「パフォーマンス」だったと思いましたね」と称賛しました。

「ジャニーズ公式携帯サイト」「Johnny’s web」内の「三宅健」「個人ブログ」「にこにこ健°」には、「「太鼓の」最後の音が鳴り止んだ時、ジャニーさんの「YOUたち最高だよ!」って声が聞こえた気がしました」とつづられていましたが、それを読んだ「Snow Man・宮舘涼太」からは、「ありがとうございます」と「メール」が来たそうです。

「三宅健」といえば、「ジャニーズ事務所の後輩とは関わらないようにしてきた」とし、「Jr.」の中で連絡先を知っているのは、「林翔太」だけだと公言していました。ですが、「普段しゃべらないような子たちとジャニーさんお見舞いに行って病院で会うんで、交流することになるわけですよ」とのことで、たまたまお見舞いの「タイミング」が一緒だった、「宮舘涼太」を含む数名の「Jr.」と連絡先を交換したと明かします。




「本当にジャニーさんが倒れてから3週間、全タレントが会いに来てるし、入れ替わり立ち替わり、先輩も後輩もJr.の子たちもみんなが時間の合間を縫って駆けつけてるんで。なんかそれが、ある意味ジャニーさんが作った、3週間頑張ってくれた最高の演出っていうか」と、なかなか会うことのない「ジャニーズタレント」と交流する場を、「ジャニー喜多川社長」が最後に作ってくれたと語る「三宅健」でした。「「“YOUたち、みんな仲良くやってよ!”」って、そんなことを言われてるような気がしましたけどね」と、しみじみつぶやいていました。

「ラジオ」では最後に、「ジャニーさんは偉大な人で、まさに「“キングオブエンターテインメント”」な人」と「ジャニー喜多川社長」に敬意を表し、「見つけてもらって、見いだしてもらって、世の中に送り出してもらって、人生の一部でもあるファンの人たちに出会わせてくれたのはジャニーさんですから、それはすごく本当に感謝ですね」と感謝の気持ちを述べたのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんの言葉、泣ける。いろんな思いを抱えながら、ジャニーさんからもらった時間を大切に過ごしてきたんだね」「とてもとても大切な時間を、大好きなジャニーさんのそばで過ごした健くん、ステキだな」「ジャニーさん、本当にすごい人なんだなあ。健くんの言葉であらためてそう感じた」など、「ファン」から感動の「コメント」が寄せられていました。

「ジャニ―喜多川社長」が「三宅健」の素質を見抜いた素晴らしさは勿論のことですが、その期待に応えられた「三宅健」も素晴らしい恩返しができたと思いますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。