錦戸亮★渋谷すばる脱退をネタにする★最近まで7人組やった発言で笑い誘う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★渋谷すばる脱退をネタにする★最近まで7人組やった発言で笑い誘う」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「7月24日」深夜の放送では、「お笑い芸人・TIM」の「ゴルゴ松本」を「ゲスト」に迎え、「トーク」が展開されました。




「ゴルゴ松本」といえば、漢字の意味や成り立ちを独自の見解で熱く伝える「“命の授業”」が好評を呼び、最近では全国各地の少年院などを訪問しています。そこで今回、「ジャニ勉」の「スタジオ」でも「“命の授業”」を実演することになり、「スタジオ」には「ホワイトボード」が用意されました。「ゴルゴ松本」は「出来る」「誕生」「食事」といった漢字に込められた意味の解釈を披露し、それを見た「関ジャニ∞メンバー」からは、「わかりやすい!」「すごい!」と感嘆の声が上がりました。

さらに、「関ジャニ∞メンバー」の名前に秘められた「メッセージ」について、「ゴルゴ松本」が独自の見解を発表します。まず「安田章大」は、「“章”」に「音」という字が含まれていることから「関ジャニ∞の音をまとめる役目」だと分析します。そして「大倉忠義」は「“忠”」という字が「心の真ん中」を表しているため、「ぶれない心で忠義を尽くせ」と熱弁します。

「村上信五」についての解釈は、「信五」という名前が「信じるのはメンバー「“5人”」」を表しているそうです。「はあ~!」と感心する「村上信五」でしたが、ここですかさず「錦戸亮」が、「僕ら最近まで「“7人組”」やったんですけど」と指摘します。これには「ゴルゴ松本」が「今日来たことが重要なんです!」と「フォロー」を入れましたが、その後も「錦戸亮」の鋭い「ツッコミ」は続きます。「ゴルゴ松本」いわく、「村上信五」の「村」は芸能界を表すそうで、「5人を信じて村「芸能界」の上を目指せ!」と激励します。「村上信五」本人はその解釈に感動した様子でしたが、「錦戸亮」は「なんで名字入ったんやろ?」と、不満の表情を浮かべました。




するとここで、「ゴルゴ松本」は「メンバー全員」の名字にも言及します。「村の上を目指すために「村上」、大きな倉を建てるためには「大倉」、安心な働ける「場所・田畑」を耕して「安田」、山から水を流し込んできて「横山裕・丸山隆平」、未来の錦の戸を開けていけ「錦戸」」と、「メンバー全員」の苗字を「キレイ」にまとめ、「スタジオ」からは驚きの反応がありました。ですが、今度は「横山裕」が「俺とマル一緒にされた」と納得いかない様子を示し、笑いを誘っていました。

「ゴルゴ松本」の「“命の授業”」は、視聴者から「言葉が刺さった!」「漢字一つでこんな解釈ができるなんてすごい」と反響を呼びましたが、「関ジャニ∞ファン」が注目したのは、「錦戸亮」の「7人組」発言だったようです。「亮ちゃんからこんな言葉が聞けるなんて。今日の「ジャニ勉」は保存版だ!」「ネタにしてくれてありがとう!メンバーも笑っててうれしい」「「“なかったこと”」にしない亮ちゃん、カッコいいなあ~!」と、さりげなくもうれしい発言だったようです。

「渋谷すばる」が脱退したとしても「錦戸亮」の心の中には「渋谷すばる」が一緒にいる気持ちになっているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。