八乙女光★らりるれろが全然★滑舌にメンバーがピシャリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「八乙女光★らりるれろが全然★滑舌にメンバーがピシャリ」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、7月27日放送」に、「有岡大貴、中島裕翔、八乙女光」が登場しました。「ゲスト」に「お笑いコンビ・三四郎」の「小宮浩信」を迎え、新企画「滑舌カタカナツアー」が放送されました。

この新企画は、「“長くて読みづらいカタカナ料理名”」がある店をめぐり、その料理名を最後まで噛まないで言えた「1人」が、「ご褒美メニュー」を食べられるという内容です。「フジテレビ」の「伊藤利尋アナウンサー」が判定人となり、「メンバー」の「“滑舌”」を厳しく「ジャッジ」しました。




「八乙女光」はこの企画について、「「“らりるれろ”」が全然。舌が長いのかわからないですけど」と告白します。ですが「中島裕翔」は、「八乙女光」の発言に対し「50音全部苦手な気がしますけどね」と「ピシャリ」と「ツッコミ」を入れます。結局「正直言うと、全部苦手です」と、「八乙女光」も消極的な態度を見せていました。

そんな一行が向かったのは、「東京・赤坂」にある韓国料理店「プロカンジャンケジャン」でした。「中島裕翔」も一度だけ来たことがあるという芸能人御用達の店で、ここでは「ご褒美メニュー・牛プルコギ」をかけて「コチュジャンサムギョプサル」というお題へ「チャレンジ」することになりました。「有岡大貴」と「中島裕翔」は難なく「クリア、八乙女光」は「ギリギリクリア」しましたが、「小宮浩信」だけ「サミュギョプタル」と言い、早くも「アウト」となります。

次に「釜山産サンチュのサムギョプサルセット」というお題が出され、「有岡大貴」と「中島裕翔」はすぐに「クリア」しましたが、「八乙女光」が噛んでしまい「アウト」となります。「有岡大貴」と「中島裕翔」の一騎打ちとなり、「これ、なかなかないよ。「いたジャン」でこの緊張感」と、「中島裕翔」は同番組らしからぬ雰囲気を感じていたようです。




その後、「ウゴジカンジャタンとヘムルモドゥムチム」という「メニュー」は、「プロ」である「伊藤利尋アナウンサー」も思わず噛んでしまうほどの難しさで、「有岡大貴」も噛んでしまいましたが、「中島裕翔」が見事「クリア」し、「牛プルコギ」を「ゲット」します。「うおー!めっちゃおいしいです!この石焼きでグツグツしている汁が染みていて、そりゃプルコギ食べたくなるわ!」と、見事な「食レポ」も披露したのでした。

その後も、「ハワイアンカフェ」や「ドイツ料理店」へと場所を移動しましたが、「有岡大貴」と「中島裕翔」が滑舌の良さを見せ、「有岡大貴」が「1勝、中島裕翔」が「2勝」という結果になります。この放送に「ファン」からは「裕翔くん、さすが!アナウンサーに挑戦してほしい」「大ちゃん&裕翔のポテンシャルの高さすばらしい。滑舌よすぎ!」「俳優仕事も多い組はやっぱり滑舌いいなー。ちゃんと鍛えてそう」など称賛の声が集まっていました。

らりるれろが言えない活舌の悪さが「八乙女光」の魅力の一つなのは「ファン」も承知していますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。