相葉雅紀★お尻の割れ目に入ってます&ノーパン★絆のペダル撮影裏話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★お尻の割れ目に入ってます&ノーパン★絆のペダル撮影裏話」の事をお伝えしたいと思います。

「8月24~25日」放送の「24時間テレビ 愛は地球を救う」「日本テレビ系」内で、「嵐・相葉雅紀主演ドラマ」「絆のペダル」が「オンエア」されます。「7月26日」深夜放送の「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」では、「ドラマ」の撮影裏話について語られました。




走行距離「200km」を走り、「“最も過酷なスポーツ”」と言われている「ロードレース」を題材にした同作です。病に倒れながらも「“ある奇跡”」を起こす「ロードレーサー」の実話をもとに作られた「フィクション作品」です。

実際に、「相葉雅紀」が「バイク」に乗って撮影することもあるようですが、「難しいのよ、あれ乗るの!」とかなり苦戦しているといいます。一見すると「“マウンテンバイク”」と似ているようですが、「ロードレース」で使う競技用自転車は「タイヤ」が細いため、乗りながら安定させるのが難しいうえに、足は特殊な「ペダル」に固定されることから、「1回、練習の時コケたよ」と失敗も多いようです。

「番組アシスタント」から「サドルも細いやつですか?」と聞かれると、「う~ん、ケツ痛いよ!」と告白します。「お尻の割れ目に「サドルが」入ってきたり?」ときわどい質問をされると、「入ってます。もうずっと入ってます!」と「キッパリ」答えて爆笑し、「ロードレースの服ってわかる?ピッチピチのパツパツのやつ。あれ、パンツ履いちゃいけないんですよ。「“ノーパン”」なんですよ!」と突然明かしたのでした。なんでも、下着を着ていると摩擦で肌が傷つくらしく、やむを得ず「“ノーパン”」で撮影に臨んでいるようです。




また、競技用自転車は「スピード」がかなり出るため、通常の自転車とは違って「ハンドル操作」ではなく、「オートバイで曲がるときの感じみたいに、体重移動で「コーナーを」曲がっていくみたいな感じだから。難しかったなあ」と回想します。競技場面も見どころでありつつ、話の本筋は「お母さんと息子「主人公」の物語」になっているそうで、「2人の熱い物語というか。本気になれるものを見つけて、その本気になれるものを信じて、自分を信じて最後まで戦った結末というか。戦ったら「あ、こんなにいい景色が待ってるんだ」っていうお話ですね」と解説し、「リスナー」に向けて「頑張って撮影しますので、見ていただけたらなと思います」と呼びかけました。

貴重な撮影裏話に「ファン」からは、「やっぱり乗りこなすのは難しいんですね。どうか無事に撮影終わりますように」「コケたなんて心配!ケガとか大丈夫だったかなあ」と心配の声が上がるとともに、「ノーパンでやるんだね、知らなかったよ「笑」」「ドラマ撮影でもノーパンなんだ!? 相葉さん、潔い!」との声が寄せられていました。

「相葉雅紀」の「ドラマ」を見ながらも「ファン」の頭の中は「ノーパン」のことでいっぱいになるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。