大倉忠義★コンプライアンス授業★ちんちん出してみる発言の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★コンプライアンス授業★ちんちん出してみる発言の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「7月27日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「大倉忠義、錦戸亮」が出演しました。「ゲスト」に明治大学の「齋藤孝教授」が登場し、小学生に「ビジネス用語」を教える「コーナー」「関ジャニ∞先生」が行われました。

小学生から「“イケメン先生”」として人気の「大倉忠義」は、今回「法令遵守、ルールに従うこと、社会的規則を守ること」の意味を持つ「ビジネス用語」「コンプライアンス」を教えることになりました。「大倉忠義」は小学生が待つ教室に向かう前、「コンプライアンスを説明するのに、すごくコンプライアンスが心配。テレビで言えることがね」と不安をのぞかせました。




そんな中、「小学3年生」の「りさちゃん」が、教室に入って来た「大倉忠義」をうっとりと見つめて「イケメン〜」と一言。さらに、板書すると「字キレイ!」と言って拍手するなど、「大倉忠義」は「りさちゃん」から「“ベタ褒め”」されまくることになりました。

そして「コンプライアンス」説明を始めた「大倉忠義」は、子どもたちに「簡単に言えば「“ルール”」なんだけど。学校でルールあったりせえへん?」と質問します。「廊下を走っちゃいけない」「ゲーム持ち込み禁止」「NGワードが決まってる」など、それぞれの学校の「ルール」が出ると、「大倉忠義」は「テレビでもNGワードあるからね。そういうこと言わない「“社会のルール”」を守ることでもあるし、学校とか会社の「ルール」を守ることでもある」と、「コンプライアンス」について噛み砕いて説明しました。

さらに具体例として、「街中でも、全部「服を」脱いで走ってるおっちゃんなんていないやろ?それがコンプライアンスを守ること」と解説します。ですが、いまいち「ピン」と来てない様子の男の子を見つけ、「大倉忠義」はすかさず「子どもやったら「服を脱いで走って」いいのか?ちんちん出してみる?」と提案します。「りさちゃん」から「ちんちんって言葉使っちゃいけない!」と注意が入ると、「そうそうそう。「テレビで言ったらあかんやん」って、みんなが思ったりすること」と、その場の状況をうまく使って理解を深める業も見せていました。




その後、「りさちゃん」は教室を去ろうとする「大倉忠義」にも「かっこいい!」と声をかけ、すっかり「メロメロ状態」になります。ですが、次に「錦戸亮」が教室に登場すると、「りさちゃん」はまたしても「イケメン!」と発言し、別室で「モニター」を見ていた「大倉忠義」は「りさちゃん、誰でもいいんかい!?」と傷心の表情を浮かべていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「りさちゃんの気持ち本当わかる。イケメンだなー2人とも!」「先生がこんなかっこよかったら、そりゃうっとりするよね「笑」」「かっこよくて授業もわかりやすい大倉先生はどこの学校にいますか!?」などの声が集まりました。

少し小学生には刺激が強かったとも思えますが、噛み砕いて理解させようとするならば「ちんちん出してみる」の例え話も有効なのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。