大倉忠義★ファゴット★完全に投資家の声★今買っとくべきと興奮した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「大倉忠義★ファゴット★完全に投資家の声★今買っとくべきと興奮した」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「7月28日」の放送は、「知ってるようで知らない マイナー?だけど音は最高な楽器」特集が行われ、「オーケストラ」などでは伴奏を担当している木管楽器「ファゴット」、伝統ある中国の弦楽器「二胡」、長い形が特徴の「アルプス地方」の管楽器「アルプホルン」、「インド」では「ピアノ」よりも「ポピュラー」ですが日本ではほとんど知られていない打楽器「タブラ」について紹介されました。

中でも視聴者の関心が高かったのは「ファゴット」でした。「オーケストラ」や吹奏楽などでも使用されており、今回登場した「4つ」の楽器の中では、最も「ポピュラー」な楽器と言えます。ですが、「バイオリン」や「トランペット」などと比べると音が小さく目立たないため、「ネット」上では「ファゴット経験者」たちから「ファゴットを特集してくれてありがたいですね!」「ファゴットがこんなに注目を浴びるなんて!」と喜びの反応もありました。




「プロ用」の「ファゴット」は「100~700万円」する高価な楽器だそうで、出演者たちもこれは知らなかった様子です。さらに、「ファゴット奏者・石川晃」が使っている「ヘッケル」という「メーカー製」のものに関して言えば、今注文すると「10年待ち」という、大変貴重な一品なのだそうです。

「今だと700~800万円くらいとか。でも、僕が買ったときはその半額くらいだった。20年前は半額くらいだったんですけど、今どんどんどんどん値上がりしてまして」と「石川昇」が説明すると、すかさず「大倉忠義」が「買っとくべきやな!」と大興奮します。これに、「村上信五」は「いや、儲けようとすんな!ファゴットで稼ぐな、そんな!」と「ツッコミ」を入れていました。

また、「ファゴット奏者」は練習時間よりも「リード」を作っている時間の方が長いという情報もあるようです。「リード」とは、「2枚」の薄い木片を重ね合わせたもので、これを口に加えて息を吹き込み、振動させて音を出す、演奏に必要不可欠な道具です。完成品も販売されていますが、「石川昇」いわく、「プロ」の奏者は自分専用のものを「イチ」から作るのだといいます。




しかも、材料となる「木から作る」そうで、この告白には「えっ、木から作るの?」「木!?」「えー!?」と、出演者から口々に驚きの声が。「1枚」作るのに「約2週間」ほど費やすにもかかわらず、現場で使い始めると「早くて2~3日でダメになってしまう」という「石川昇」の説明には、「村上信五」も「効率悪っ!」とあ然とし、「ファゴット人口増えるかなあ」と思わず天を仰いでいたのでした。

放送を見ていた「ファン」からは、「大倉忠義」が「ファゴット」に「“投資”」しようとする姿が目に留まったようで、「「買っとくべきやな」って大倉くんが儲ける気満々で笑った。さすが「“貴族”」の息子!」「大倉さんの発想、完全に投資家のソレ「笑」」「お金の話になると目が輝く大倉さん 嫌いじゃない!」との声が上がっていました。

「大倉忠義」の育ってきた環境が投資心をくすぐってしまうようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。