滝沢秀明社長★ネガティブ報道続出★信頼勝ち得てる&局関係者談

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「滝沢秀明社長★ネガティブ報道続出★信頼勝ち得てる&局関係者談」の事をお伝えしたいと思います。

「8月8日」に開催される「ジャニーズJr.」「単独コンサート」「ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~」ですが、開催に尽力した「ジャニーズアイランド社長・滝沢秀明」について、ある不可解な報道が出ているといいます。

「滝沢にジャニーさんの後釜は務まらない」といった批判を報じる「メディア」もあれば、彼の仕事ぶりを称賛する「メディア」もあるといった状況が生まれています。




「2018年」いっぱいで芸能活動を引退し、完全に裏方に徹すると宣言した「滝沢秀明」です。「新会社・ジャニーズアイランド」の社長に就任し、今後は「Jr.」の「発掘育成、舞台プロデュース」や「オンライン事業」などに専念すると伝えられていました。

この直後から、「ジャニーズ事務所」内に動きがあるたびに、「滝沢秀明」に対する否定的な声が報じられることになります。「お飾り社長」である「滝沢秀明」に、今後の「ジャニーズ」を支えることはできないといった論調の報道がいくつもありました。

ですが一方で、「滝沢秀明」が「アイドル」の肩書を捨てた直後から、その仕事ぶりについて関係各所が「驚いている」という声も出ていたといいます。

「滝沢さんから名刺交換をしてくるし、そこに記載されたアドレスにメールを送ると、すぐに本人から返信があるんです。「メール対応まで本人がやってるのか」とびっくりしましたよ。また、あるプロモーションの件でやりとりをしていた際、突然本人から電話が掛かってきたことも。Jr.の稽古場にいるときでも、常にノートパソコンとスマホを手放さず、すぐに連絡に対応してくれているようです。すでにスタッフからの信頼は勝ち取っていると思いますよ」




それでも、「ネガティブ」な情報が相次いで出てくるのはなぜでしょうか。その情報源は、ほかならぬ「ジャニーズ内部からでは?」とささやかれているそうです。

「滝沢秀明」を後継者に据えたのは「ジャニー喜多川社長」の一存だったため、この人事で立場が悪くなってしまった人間も複数存在するようです。また、内部には「ジャニー喜多川社長」とは対立に近い派閥もあるので、そこに属していた「スタッフ」からすると、「滝沢秀明」の台頭は面白くないようです。その結果、「滝沢秀明」の足を引っ張るような話が、事務所内から出てきたのではないか とうわさされているようです。

かつて、「元SMAPチーフマネジャー・飯島三智氏」と、「嵐」などを手掛ける「藤島ジュリー景子氏」の派閥問題が世間を騒がせましたが、新体制下においても同様の事態に発展しないことを祈るばかりですね。

「ジャニ―喜多川社長」が見込んで「滝沢秀明」を後釜にしたのですから内外野からの圧力などがあると思いますが「滝沢秀明」の実力を見せつけて欲しいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました