永瀬廉★佐々木龍選手に初対面ですよね&こういう距離感★衝撃の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「永瀬廉★新田祐大選手に初対面ですよね&こういう距離感★衝撃の訳」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「7月29~8月2日」は、「永瀬廉」が「競輪」に挑戦しました。

東京五輪の試合会場に指定されている「サイクルスポーツセンター」「伊豆ベロドローム」を訪れた「永瀬廉」は、「スタッフ」から種目を聞かされる「タイミング」で、どこからともなく転がって来た「サッカーボール」を「キャッチ」します。「永瀬廉」はすかさず「今日のネタこぼしましたよ!」と「スタッフ」に「ツッコミ」を入れ、自身が挑戦するのは「サッカー」だと予想します。




ですが、「センター」内に入ると、いきなり競輪選手を発見します。「自転車?」と驚いた「永瀬廉」は、「スタッフ」に「あのサッカーボールは何なんですか!?」と問いかけます。すると「スタッフで、サッカーやってました」と、収録前に「“遊んでいた”」ことが発覚し、「永瀬廉」は「いやいやいや」と苦笑いします。そんな「オープニング」から、今回の挑戦が始まりました。

まずは「“20秒”」の「ハンデ」をもらい、「世界ランキング第1位」の「新田祐大選手」と試合を行う展開になりましたが、「永瀬廉」はまったく「スピード」を出さずに安全走行して、圧倒的大差で敗北します。しかも、斜めに傾斜がついている「コース」を走行するという競輪の「ルール」を破り、「永瀬廉」は通ると「“反則”」になるほぼ平坦な「コース」を走行し続けており、「スピードを出そうとすると怖いですね」と顔を強張らせていました。

そこで今度は「日本競輪選手養成所」に移動し、「佐々木龍選手」の指導を受けることになします。ですが、「廉!」と呼び捨てされ、「えっ!? こういう距離感? 初対面ですよね!?」と戸惑う「永瀬廉」です。今の実力を測定すべく、脚力が数値化できる「ワットバイク」に「30秒間」乗って「中学生クラス」を目標にするよう言われると、思わず「大人ですからね、こっちも!」と噛みついたものの、いざ漕ぎ始めると「廉オラ!全然出てねーぞ!」「出し切れオラ!もっとだよ!もっと廉もっと!全部だせ!廉ラスト!」と「佐々木龍選手」から叱咤されて、ようやく「中学生レベル」の「中の下」に到達する程度の脚力だとわかったのでした。




その後、「コース」に出て「コーナー」を曲がるときの「“スピード感”」に慣れる練習を行うことになります。「佐々木龍選手」が運転する「バイク」の後ろに乗るだけだったものの、「永瀬廉」は「何の練習にもならん 半分くらい目をつぶってた」と、恐怖心に襲われていたことを告白します。というのも、ほぼ平坦な反則地帯でも傾斜が「33度」ほどあり、自転車に乗った不安定な状態では、いつ倒れてもおかしくない感覚に見舞われるのです。

実際に、「永瀬廉」が自転車を漕いで走行することになると、「怖い 怖い!」と連呼し、なかなか「スピード」を上げられない状態です。ですが、「佐々木龍選手」から「もっと「スピードを」上げろ!廉、上げろ!」と背中を押され、意を決して自転車を漕ぎだした「永瀬廉」でした。なんとか、反則地帯よりも傾斜のある「コーナー」を走ることができ、これには「スタッフ」からも拍手が送られていました。

そして、練習の成果を見せるため、「永瀬廉」は「新田祐大選手」との「リベンジマッチ」に挑戦しました。最初の試合と同じく、「20秒」の「ハンデ」をもらったところ「永瀬廉」が余裕の勝利。「新田祐大選手」の申し出もあり、もう一度「10秒」の「ハンデマッチ」を行うと、見事「ギリギリ」で「永瀬廉」が勝利しました。これには思わず、「新田祐大選手」が「ハンデいらなくない!?」と「ツッコミ」ました。選手も認める速さを得た「永瀬廉」には、「ファン」から「廉くんすごい!あんなに怖がってたのに急成長!」「怖さを克服した廉くんがかっこよかった~!」「ハンデがあったとはいえ、ちょっとの練習で選手に勝つのはすごい!」と称賛されていました。

「新田祐大選手」に完敗をしてしまった「永瀬廉」ですが「リベンジマッチ」の時には「新田祐大選手」に勝利するところがさすがですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました