二宮和也★目黒蓮が名前覚えてくれないと告発★ファン爆笑の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★目黒蓮が名前覚えてくれないと告発★ファン爆笑の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」が、「8月4日」に放送されました。「ゲスト」には、「フリーアナウンサー・馬場ももこ、日本テレビアナウンサー・尾崎里紗、笹崎里菜、お笑い芸人のパンサー・向井慧、ジャニーズJr.内ユニット」「Snow Man」の「岩本照、目黒蓮、ラウール、渡辺翔太」が登場しました。

今回は、「NINO TUNE〜歌がウマいなんか関係ない!〜」と題し、気持ちを届けたい相手に自身が作詞した「お手製ソング」を捧げ、その気持ちが届いたかどうか、相手に判定してもらう企画を展開しました。歌のうまさだけではなく、気持ちの強さを判定する歌合戦です。




番組冒頭で、この歌合戦を「プロ目線」で見てもらう「“見届け人”」として、「Snow Man」が登場しました。同じ「ジャニーズ事務所所属タレント」ということで、「向井慧」が「二宮さんはどういった先輩ですか?」と彼らに質問します。すると、「目黒蓮」が「僕も2〜3年くらい嵐さんのライブのバックにつかせてもらってるんですけど、いまだに僕、名前覚えてもらえないんです」と暴露します。

なんでも、「二宮和也」は「目黒蓮」のことを「恵比寿!」と呼んでいるそうで、これはどうやら山手線「目黒駅」の隣りが「恵比寿駅」であることに由来しているようです。これを聞いた「二宮和也」は「「“上大崎”」くんと」と、今度は目黒区近辺の地名で呼び、また「目黒です!」と「ツッコ」まれていたのでした。

「目黒蓮」と「二宮和也」とのこのくだりは、「ファン」の間ではおなじみのやりとりで、「嵐・櫻井翔」も「目黒蓮」のことを「恵比寿」と呼んでいた過去があります。「ネット」上には「ファン」から「出た~!ニノの目黒くんイジり!これのおかげで名前覚えたよ!」「二宮くんが目黒くんの名前をわざと「恵比寿くん」って間違えるのが面白くてとても好き」「二宮くんなりに後輩の名前をいろんな人に覚えてもらうためのボケなんだろうなあ」「「目黒です!」のツッコミ、だんだんキレがよくなってる気がする「笑」」という声が寄せられており、「2人」の掛け合いを楽しく見ていたようです。




歌合戦はというと、「フリーアナウンサー」の「馬場ももこ」が、「キー局アナウンサー」で同期の「尾崎理沙&笹崎里菜」への嫉妬と羨望の気持ち、そして「2人」との間に距離を感じることを歌詞にし、「バックダンサー4人」を引き連れて「二人とのディスタンス」を熱唱しました。歌が終わり、「プロ目線」で感想を聞かれた「目黒蓮」は、「嵐のバックについていた僕から言わせてもらうと、あの曲のバックにはつきたくない」と、辛辣な「コメント」をしていました。さらに「二宮和也」も、「バックダンサーの目が死んでた」と指摘し、「スタジオ」は笑いに包まれていました。

来週の「同コーナー」には、「NEWS・増田貴久」が登場します。「二宮和也」とどのように絡むのか、見逃せない放送になりそうですね。

「二宮和也」の愛のある「目黒蓮」に対する「イジリ」は「ファン」も公認のようで「目黒蓮」も幸せ者ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。