キンプリ★下ネタやりすぎで不愉快&爆笑した★MCめぐりファン賛否

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「キンプリ★下ネタやりすぎで不愉快&爆笑した★MCめぐりファン賛否」の事をお伝えしたいと思います。

「7月」の「神奈川県・横浜アリーナ公演」を皮切りに「King&Prince CONCERT TOUR 2019」を開催中の「King&Prince」です。「8月3日・4日」は「大阪城ホール」で行われましたが、「トークタイム」に「メンバー」が「“下ネタ”」で盛り上がる場面があり、「一部ファン」の間で問題視されているといいます。

昨年「5月」に「CDデビュー」を果たした「King&Prince」「キンプリ」は最年長の「岸優太」が現在「23歳」、最年少の「高橋海人」は「20歳」の「若手グループ」です。まだ「“学生ノリ”」が残っているのか、「ファン」が不快感を覚える単語を発し、暴走状態になる一幕もみられたようです。




特に話題になっているのは、「8月4日」の大阪昼公演でした。前半の「挨拶パート」にて、「メンバー5人」は「“ギリギリ下ネタに聞こえるフレーズ”」で「コメント」をする流れを事前に決めていたそうです。中には「俺の初めて、あげちゃう」「神宮寺勇太」「お昼だけど、抱いていい?」「平野紫耀」といった過激な「セリフ」が飛び出し、会場も盛り上がっていたのでしょう。「MCタイム」で「永瀬廉」に「俺の初めて」の意味を問われた「神宮寺勇太」は「ここらへん」と、自身の下半身を含む大きめの円を描いて示したほか、「平野紫耀」は自身の「抱いていい」発言に関して、「ベッドに入って」と、実際にうつ伏せで寝転がる様子を再現したといいます。また、「こんちくわ」と述べた「岸優太」に関して、「永瀬廉」が「どこが下ネタなのか」を尋ねたところ、本人は「ちくわは下ネタだよ」「ちくわにきゅうり入れて」などと反応します。「ケータリングで俺のちくわ食べたよね」「平野」「紫耀のちくわおいしかった?」「どのサイズ?」「永瀬」と、「下ネタ」を連想させる話に発展したそうです。

途中で冷静になったのか、「神宮寺勇太」が「ここにマリウスいたらブチギレてるよ」と、「“風紀委員”」と呼ばれる「Sexy Zone・マリウス葉」を引き合いに出し、「ストップ」をかけていたという「レポート」も上がっています。「ネット」上には「下ネタでキャッキャしてるキンプリが可愛かった」「キンプリのMCがまぁまぁな下ネタで、手叩いて爆笑した」「MCは下ネタ連発で爆笑。男子高校生っぽくて、キンプリの日常会話って感じがめちゃくちゃ好きだった」と、好意的に受け止めている「ファン」も少なくありません。

ですが、「コンサート参加者」や、「レポート」を目にした人たちからは「老若男女、小さいファンもいるのに、やり過ぎ。下ネタのレポートの多さにもうんざりする」「大阪2公演行って、どちらも下ネタのオンパレード。せっかくなら大阪の話とかしてほしかった」「下ネタで笑わせようとするのは好きじゃない。今回は大人が叱ってくれることを願う」「キンプリは下ネタでしか盛り上がれないのかな?って、ちょっと心配」「親と行くから下ネタやめて。ライブ中に気まずくなりたくない」「MC楽しかったのに、感想が下ネタばっかりになるのは寂しい」と、否定的な意見も多く見受けられます。




「キンプリ」は昨年、大阪で行った「コンサート」でも、お風呂の「エピソード」に絡めて下半身にまつわる話をしゃべっていたそうです。「永瀬廉」が「平野紫耀」について、「僕のKING」をめがけて「シャワー」を当ててくる と明かしたほか、メンバーである岩橋玄樹の局部は誰も見たことがなく、「ツチノコレベル」だと、イジっていたそうです。「年上メンバー」の「悪ノリ」を最年少の「高橋海人」がおさめていたというものの、この時も「一部ファン」の間で「MCでの性的なネタは封印して」「キンプリのMC、不愉快すぎる。下ネタでしか笑いとれないの?」と、「批判コメント」が出ていました。大阪のお客さんの「“ノリが良い”」などの理由で、ついつい「ハメ」を外してしまうのかもしれませんが。

「岩橋玄樹」は昨年「11月」より「パニック障害」の治療のため「グループ活動」を離れていますが、こうした現状について「ファン」は「今まではいわちが下ネタのストッパーだったのかな」「下ネタを止められるのはいわちしかいない。早く帰ってきて」「こんなに下ネタたくさん話してたら、玄樹くんに「最悪」って言われちゃうよ」「キンプリの下ネタ暴走、玄樹くんがいたらなぁって思う」と、「岩橋玄樹」が欠けたことによって「永瀬廉」や「平野紫耀」らの「下ネタトーク」に拍車がかかったのではないかと、指摘する人もいるようです。

今後は「8月10日・11日」に「マリンメッセ福岡公演」があり、「10月中旬」までに「北海道、宮城、新潟」を回る予定の「キンプリ」です。「コンサート」内の会話は客層を考えつつ、誰もが楽しめるような「ステージ」を作り上げてほしいものですね。

「キンプリメンバー」も「MC」の内容が「下ネタ路線」でいくことになれば「ファン離れ」が起きかねないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました