SixTONES&Snow Man★Jr.8・8祭り★デビュー発表★地獄絵図&葬式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「SixTONES&Snow Man★Jr.8・8祭り★デビュー発表★地獄絵図&葬式」の事をお伝えしたいと思います。

「8月8日、ジャニーズJr.」が「19年」ぶりとなる「東京ドーム」での「コンサート」「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」を開催されました。「ステージ」上では、「人気ユニット」の「SixTONES、Snow Man」が「2020年」に「CDデビュー」することを伝え、大きな話題となりました。今回の発表にあたって、「故・ジャニー喜多川社長」の後を引き継いだ「株式会社ジャニーズアイランド・滝沢秀明社長」の戦術に「ジャニーズファン」から疑問の声も出ているといいます。

この日の「ドーム」には、「330人」もの「Jr.」が大集結しました。「コンサート中盤」の「MC」で、「SixTONES」と「Snow Man」の「2グループ」が残ると、「モニター」に「同時CDデビュー決定!!」と、前代未聞の文字が映し出されました。時期は未定ながら、「2組同時」の「デビュー」は「ジャニーズ史上」初だそうで、「SixTONES」が「ソニー・ミュージックレーベルズ」、「Snow Man」は「エイベックス・エンタテインメント」から「CD」を「リリース」するとのことです。公演は「Jr.公式エンタメサイト」「ISLAND TV」で生配信を実施しており、「ドーム」内だけに限らず、多くの「ファン」が見守る中での「サプライズ発表」となりました。

「2組」の「デビュー」を喜ぶ「ファン」、祝福する「ファン」がいる中で、複雑な感情を抱いた人も少なくありません。また「ステージ」では、「SixTONES、Snow Man」と並んで「“兄組”」と呼ばれている「年上ユニット」の「Travis Japan・川島如恵留」が、発表直後に泣きながら歌っている様子が映る一幕も見られました。これが悔し涙か、うれし涙なのかはわかりませんが、仲間内でもさまざまな思いで「ステージ」に立っていることがうかがえました。一方、「Snow Man」として「デビュー」する「目黒蓮」は別の「5人組ユニット・宇宙Six」の活動を兼任していたため、「同グループ」を応援する人は「ショック」を受けてしまったようです。




「ネット」上には、「デビュー発表後、トラジャファンと宇宙ファンがめちゃくちゃ泣いてた。Jr.の全グループが集まる場でのデビュー発表は、地獄化する」「スノストのデビューはおめでたいけど、その後にトラジャと一緒に歌わせるとか、発表のタイミングとかがあったと思う」「トラジャ、宇宙ファンは座り込んで泣いてる人がほとんど。せめて最後に言ってほしかった。あれは葬式だった」「トラジャファンに遭遇して、初対面なのに抱き合って一緒に泣いた」と、現場にいた「ファン」の生々しい「レポート」が上がっています。

ほかにも、「ほかのグループや、ファンを傷付けて発表する意味はなんだったんだろう」「ほかのJr.と、そのファンのこと考えた?つらくて後半見てられなかった。滝沢社長は何をどうしたいの?」と、演出に関する批判が飛び交ってしまいました。「2007年、Hey!Say!JUMP」が「コンサート」中に結成を発表した時も、「メンバー」がもともと所属している「ユニット」が実質、解体となってしまったため、「一部ファン」は現場の様子について「地獄絵図」と表現していましたが、「JUMPのあの日が地獄絵図なら、ドームのデビュー発表も地獄絵図だよ」と、嘆く声も聞かれました。

特に、「宇宙Sixファン」はそう簡単に気持ちの整理はつかないでしょう。「目黒蓮」は「Snow Man」への新加入を聞かされた時、自身が所属する「宇宙Six」との兼任を選択しました。今年「1月」に「Snow Man」入りが発表となった後、どちらも頑張ると、決意を語っていました。ですが、「目黒蓮」は「2月」から「Snow Man主演」の舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の本番が始まり、合間に「Snow Man」で「コンサート」を行うなど、兼任発表後には「宇宙Sixメンバー」として、目立った活動はありませんでした。また、「週刊ザテレビジョン」「KADOKAWA、7月31日発売号」の「ソロインタビュー」でも、「2つものグループにいられることが幸せで。どっちも大事どっちも本気」と、「両グループ」への愛情を示していたばかりでした。

「SixTONES」と「Snow Man」は「ドーム公演」後に会見を開きましたが、この場で「目黒蓮」は「今回のタイミングでSnowManだけに専念する、という形になりました」と、報告したといいます。女性誌「with」「講談社」の「公式サイト」「withonline」に掲載された「会見レポート」によると、取材陣に「宇宙Sixとしては最後のステージだったということ?」と聞かれ、「はい、噛み締めながら楽しくできました。泣いているメンバーも居たり。でも、みんなすごい笑顔で「行ってこいよ!」って感じで応援してくれて」と、答えていたそうです。




こうした経緯もあり、「「宇宙Sixとしては今日のステージが最後です」くらい言えなかったの」「本人たちの口から脱退について聞けなかったことが納得できない」「宇宙での最後のステージなんて聞いてない。いつかこの時が来るってわかってたけど、こんなに早いとは思ってもみなかった」「宇宙Sixが久しぶりに5人で集まってライブに出演できるってなって、ずっと楽しみにしてたのに」「5人で揃うことすらできなくて、目黒を守り続けた4人の7カ月はなんだったの?」と、「宇宙Sixファン」の悲痛な叫びが続出していました。

今回の「デビュー」をめぐって、「滝沢秀明社長」のやり方に嫌悪感を抱いた人も多いようです。日にちは明らかになっていませんが、「SixTONES、Snow Man」が同じ「タイミング」で「デビュー」するとなれば、双方の「ファン」が売り上げを競い合い、相乗効果で数字も伸びていくでしょう。また、秋には「ジャニーズJr.8・8祭り」の映像作品「素顔4」の発売が決定しましたが、「ジャニーズJr.盤、SixTONES盤、Snow Man盤、Travis Japan盤、関西ジャニーズJr.盤」の「全5種類」と判明しました。「ジャニーズJr.8・8祭り」の「ライブ本編」は全種類に共通収録されており、「Jr.盤」は「東京ドーム」の「ドキュメント映像」や「フォトブック」付きで、それ以外の「4種」の「オリジナル映像特典」は、各々の「単独コンサート」の模様が入っているようです。「SixTONES、Snow Man、Travis Japan、関西Jr.」のどれかを応援し、「ドーム」の「ドキュメント」も見たい「ファン」は、最低でも「2種」買う必要がありそうです。

「デビュー発表」で波乱を巻き起こした上に、「「素顔4」の売り方がエグい」など、「バッシング」を受けている「滝沢秀明社長」です。ある意味で、「ビジネスライク」な手法を「ファン」が受け入れてくれる日はやって来るのでしょうか。

「ファン」の意見も賛否両論あると思いますが「2組同時デビュー」を素直な気持ちで受け止めて喜びを分かち合うのが良いと思いますけどね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。