Six&Snow★同日デビュー★滝沢秀明社長★AKB48総選挙の手法を研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「Six&Snow★同日デビュー★滝沢秀明社長★AKB48総選挙の手法を研究」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.ユニット」の「SixTONES」と「Snow Man」が、「2020年」に「同時CDデビュー」することがわかりました。これは、「8月8日」に行われた「ジャニーズJr. 8・8 祭り~東京ドームから始まる~」で「サプライズ発表」されたものですが、史上初となる試みの裏では、「ジャニーズアイランド社長・滝沢秀明」が手腕を振るっていたようです。

発表によれば、「SixTONES」が「ソニー・ミュージック」、「Snow Man」が「エイベックス」と、それぞれ「ジャニーズ事務所」と縁ある「レコード会社」より、同日に「CDリリース」という形で「“メジャーデビュー”」を迎えるといいます。




「Jr.ユニット」内では、「Travis Japan」を含めて「“年長組”」と言われていた「両グループ」だけに、「デビュー」を知って一番驚いたのは、ほかならぬ「メンバー本人」たちでしょう。一時期、「Jr.ユニット」の「CDデビュー」は廃止されるといった報道もあり、また彼らは昨年から「You Tube」での活動も盛んになっていたことから、「メンバー」たちですら「もうデビューできる可能性はなくなった」と思い込んでいたようです。

彼らを「デビュー」に導いたのは、昨年末で芸能活動を引退して「Jr.」の育成と「プロデュース」を担うようになった「滝沢秀明社長」ですが、近頃はほかの「大手プロダクション」や「人気グループ」の研究に余念がないのだといいます。

「滝沢秀明社長」が特に意識していると言われるのは、「大人数グループ」を次々と「デビュー」させている「AKB48グループ」と、国内に複数の劇場を持つ吉本興業です。今回の「2グループ同時デビュー」は、明らかに「AKB」の影響を受けていると、関係者の間で指摘されています。




同日に「CD」が「リリース」されることにより、「双方ファン」は「どちらが1位を取るか」に関心を抱くでしょう。

「ファーストシングル」の売り上げは、「メンバー」や関係者だけでなく、さらには業界全体も気にするところであり、熱狂的な「ファン」による「“多数買いが”」すでに予想されています。こうした「アイドル同士」を「“競わせて”」売り上げを伸ばす手法は、「AKB」の選抜総選挙に近いものを感じます。吉本興業にしても、国内各地にある劇場は「365日」稼働しており、多くの芸人が毎日「ステージ」を賑わせています。いずれは全ての「Jr.」と「ファン」にそうした場を設けたいというのが、「滝沢秀明社長」の野望なのでしょう。

「“滝沢流”」の「プロジェクト」が次々に実施されそうな「ジャニーズ」です。来年以降も、「Jr.」には多くの「サプライズ」が準備されているのかもしれないですね。

「AKB」や「吉本」のような各地に「Jr.」の劇場ができれば「ファン」にとっては今よりも身近な存在になりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。