香取慎吾★欽ちゃんのアドリブで笑に登場★萩本欽一にジャニーズも逆らえない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「香取慎吾★欽ちゃんのアドリブで笑に登場★萩本欽一にジャニーズも逆らえない」の事をお伝えしたいと思います。

「萩本欽一」の冠番組「欽ちゃんのアドリブで笑」「NHK BSプレミアム」の「8月11日」放送において、「萩本欽一」から次週の「ゲスト」が「香取慎吾」であることが発表されました。同日の「ゲスト」は「A.B.C-Z・河合郁人」と「塚田僚一」で、放送を見ていた視聴者からは、「現役ジャニーズ」と「元ジャニーズ」が同じ番組へ「ゲスト出演」することに驚きの声が上がりました。

「11日」放送回は、「ジャニー喜多川社長」が死去した「約1カ月」後の「8月4日」に収録が行われ、「萩本欽一」が「ジャニー喜多川社長」との思い出を語ったほか、「河合郁人」が「ジャニーさんに届け」と口にするなど、追悼する「シーン」も見られました。そして番組の「エンディング」では、「萩本欽一」自ら「どうしても来てくれっていう人がいた」として、次週「ゲスト」が「香取慎吾」であることを発表します。番組を見ていた「A.B.C-Zファン」からは「まさかの香取くん!」と、驚きの書き込みが相次ぎました。




「香取慎吾」ら「新しい地図」の「3人」が「ジャニーズ」を退所した後、現役との共演は元より、同じ番組の別の回に出演したり、雑誌の同じ「ページ」に登場するといったことまでも、「ジャニーズサイド」から規制が掛けられていたのが実情です。なので、「A.B.C-Z」が出演した「アドリブで笑」の次回に、「香取慎吾」が登場するのは異例中の異例のことのようです。なぜ実現したのかと言えば、芸能界における「萩本欽一」の力が絶大であるからと言えるでしょう。

現状、「香取慎吾」の定期的な「テレビ出演」は、年に一度の「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」「日本テレビ系」のみとなっています。最も「ジャニーズ」に親しいとされる「日テレ」ですが、こと「仮装大賞」だけは、「ジャニーズ」の「極力退所者は起用しないでほしい」といった意向を「スルー」できるようです。

今年「2月」放送の「仮装大賞」に「香取慎吾」が出演できたのは、「萩本欽一」の意向に寄るところが大きいようです。局上層部は、常に「ジャニーズ」の意向に従っている状態でしたが、この現場だけはそれを無視できる「“聖域”」となっていました。「ジャニー喜多川社長」と古くから交友があり、かつ芸能界で一時代を築いた「萩本欽一」の影響力は大きく、局だけでなく「ジャニーズサイド」も逆らうことができないのです。




「A.B.C-Z」の「メンバー」に続いて、「香取慎吾」が「アドリブで笑」出演することに関しては、「ジャニーズに対して中立のスタンスを崩さないNHKの番組だから実現した面もある」といいます。

「3人」への圧力問題で、公正取引委員会が「ジャニーズ事務所」に注意を行ったことは、「NHK」の「スクープ」で明らかになりました。行政処分ならまだしも、注意時点で報道することは、「ジャニーズ」に忖度する「キー局」では不可能に近いことのようです。

一時期は「テレビ」から「“タブー”」に近い扱いを受けていた「3人」ですが、少しずつ追い風が吹いてきているのかもしれないですね。

「萩本欽一&香取慎吾」の親密な関係にまでは「ジャニーズ」も入り込めないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。