SixTONES★闇が深すぎ&時系列おかしい★デビュー発表めぐり不信感

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「SixTONES★闇が深すぎ&時系列おかしい★デビュー発表めぐり不信感」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」の「“同時CDデビュー”」が決定した、「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES」と「Snow Man」です。「2組」同時の「デビュー」は「ジャニーズ事務所」にとって初の試みとなり、「両グループ」の「ファン」からは歓喜の声が相次ぎました。ですが現在、「SixTONESファン」を中心に「デビュー発表」までの経緯をめぐり複数の疑問点が噴出しているといいます。

「6人組」の「SixTONES」、「9人組」の「Snow Man」は、「8月8日」に行われた「コンサート」「ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~」の「ステージ」上で、「ファン」に「デビュー」を報告しました。「SixTONES」に関しては、特にここ「1年」ほどは「次期デビュー候補」と囁かれてきましたが、まさかの「Snow Man」との「同時デビュー」には、驚きの声が続出しました。

「SixTONES」は昨年春、「YouTube」に「ジャニーズJr.チャンネル」が誕生した後、人気が倍増しました。同年秋、「SixTONES ジャニーズをデジタルに放つ新世代」と書かれた「YouTube アーティストプロモ」「キャンペーン」の「ポスター」が制作され、一躍注目を集めました。今年春の「単独コンサート」は、「Snow Man」や「Travis Japan」が「神奈川県・横浜アリーナ」のみだったところ、「SixTONES」は「横アリ、大阪城ホール」と、追加の「宮城セキスイハイムスーパーアリーナ公演」が決まり、人気度では「Jr.」内でも頭一つ抜けていたようです。正直、彼らに対する事務所の期待度も伝わってきましたし、「SixTONES」がいつ「デビュー」やそれに準ずる活動を発表してもおかしくはない状況でした。




報道によれば、「ジャニーズアイランド・滝沢秀明社長」は「故・ジャニー喜多川社長」が倒れる「2日前」の「6月16日」に「SixTONES」と「Snow Man」の「同時デビュー」について話し合ったといいます。そして「同28日」、「ジャニーさんの前で伝えたい」との思いから、「滝沢秀明社長」が入院中だった「ジャニー喜多川社長」の病室に「2組」を呼び、「デビュー決定」を伝えたそうです。なんとも奇跡的な「タイミング」で進み、晴れて「東京ドーム公演」でうれしい知らせを届けた形ですが、この流れに異議を唱えているのが、「SixTONESファン」です。「ドーム公演」後、「SixTONESのデビューに関する時系列がおかしい」「Snow Manよりも先にSixTONESのデビューが決まっていたのではないか」といった疑惑が噴出しました。さまざまな情報を持ち出し、さまざまに考察しているといいます。

最も「ファン」が違和感を訴えている点は、「SixTONES」の「Jr.チャンネル」卒業と、「デビュー発表」直後の「8月8日」に公開された「アーティストチャンネル」についてです。「メンバー」は「8月9日」に「ライブ配信」された「すとーんずのらじお」の中で、「アーティストチャンネル」の開設を知った時の状況を話していました。「田中樹」は「僕たちが聞いたのは約2カ月前」「6月頭、半ば。前半ぐらいですか。になるということで」と、「ドライブ旅企画」「第3弾」の「ロケ」中に聞かされたと説明しました。「テロップ」も「約2カ月前何も知らずに秩父ドライブロケを終えたメンバー」と、表示されていたようです。ですが、実際の「ドライブ旅」は目撃情報や、撮影中の「メンバー」の発言から、「5月上旬」だったことが判明しています。「田中樹」の「コメント」だけでなく「テロップ」においても、なぜか「1カ月」の「ズレ」が生じており、「なぜ嘘をつく必要があるのか」と指摘されています。

そんな中、「公式携帯サイト・Johnny’s web」にて「8月9日」に「アップ」された「「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」終演後囲み会見レポ」の「ページ」が、「13日」までに突如削除されました。それ以前に掲載された「ニュース」は残っているものもありますが、何の前触れもなく「会見レポート」のみ消滅しました。なにかの手違いで非表示になってしまったのか、または「レポート」の完全版を出す予定があるのかどうかは不明ながら、「14日」「午後6時」時点で囲み「会見レポ」が消えたことに対する説明はなされていません。

こうした不穏な事態を受け、「SixTONESファン」が「アーティストチャンネルを知らされたのが6月ってことにしたいんだろうけど、ドライブ企画の1本目が5月31日に公開されてるから、誤魔化せないと思う」「旅行の日付を偽ったのと、デビュー会見レポを消した。この2つだけでも怪しさ満点」「会見レポ消えたのは闇が深すぎる」「デビュー会見のレポが消えたのが何かを暗示している」「やましいことがあるから会見記事消したんでしょ。これはいろいろ推測されても仕方ない」と反応しています。




また、女性誌「with」「講談社」の「公式サイト」「withonline」に掲載された「“会見全文レポート”」によれば、「SixTONES・ジェシー」は「デビュー」を聞いた日時について、「7月28日」と答えた後、「Snow Man・深澤辰哉」に訂正され、「6月28日にジャニーさんの病室で滝沢くんから聞きまして。色々な変化があって、この時期に伝えようって」と、話したとのことでした。これに関しても「記念日にこだわるジェシーが7月末と言い間違えたのもおかしい。記憶違いじゃ済まされない間違いが多すぎる」と、引っかかる人も多いようです。

さらには、「アイドル誌」「Myojo」「集英社」の予告にも不審な点があると話題になります。「8月22日」発売の「10月号」は「SixTONES」が裏表紙を務めるほか、「Jr.メッセージカード」がつくそうですが、この「ラインナップ」に「Snow Man」が入っているにもかかわらず、「SixTONES」はなしとなっています。一方で、「9月21日」発売の「11月号」に「SixTONES」の「厚紙生カード」が封入されるといいます。「ファン」は「当初の予定だと、もうこの時期はストはJr.じゃないってことだったんだろうな」「ストのカードだけ別の号にされてるのは、最初にストだけデビューが決まってたからだね」と、「“SixTONESのデビューがすでに決まっていた説”」を確信していました。

「withonline」の「レポート」によると、「SixTONES・松村北斗」は会見で「2019年頭の横アリのライブを経ていいんじゃないかと話が出はじめたらしいので」と、「デビュー」の「GOサイン」が出た時期に言及していたそうです。これら複数の点により、「SixTONESファン」は「コンサート」の生配信があった「5月1日」の大阪公演で「デビュー発表」する予定だったのではないか などと、推測しています。それが「8月」に「ズレ」たのは、「Snow Man」を「デビュー」させたい「滝沢秀明社長」の意向であると勘ぐっているようです。「Snow Man」の「オリジナルメンバー6人」は「滝沢秀明社長」の主演舞台に数多く参加しており、両者の付き合いは長いだけに、「滝沢秀明社長」のお気に入りだと指摘されています。

「Snow Man」は「7~8月」に「コンサート」「Summer Paradise 2019」の単独公演を開催しているだけに、「そもそも同時デビューが決まってたら、サマパラもJr.チャンネルの卒業も同時なはず」「同時デビューなのに、ストはJr.チャンネル卒業でアーティストチャンネル開設、Myojoカードなしの一方、スノはJr.チャンネル継続、Myojoカードありって何?」と、不信感を抱いている「ファン」も多いようです。果たして、「SixTONESファン」の疑問が明らかになる日はやって来るのでしょうか。

「メンバー同士」の記憶の食い違い発言により「ファン」の不信感が強まってしまったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました