安田章大★錦戸亮&大倉忠義★残ってほしいっていうだけ発言が波紋

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「安田章大★錦戸亮&大倉忠義★残ってほしいっていうだけ発言が波紋」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」が、「真夏の豪華94分スペシャル」として「8月14日」に放送されました。人気企画「スターバッカシ」「リストランテMIKIWAME」「世界にひとつだけの相関図」と「豪華3本」立てで、番組名や「メンバー」の名前が「Twitter」の「トレンド上位」になるほどの盛り上がりを見せていました。

中でも、お笑い芸人の「オアシズ・大久保佳代子」の知られざる交友関係を明らかにする「世界にひとつだけの相関図」では、昨今取り沙汰されている「メンバー」の「“脱退”」について話題が及び、「ファン」の間で波紋が広がっています。




「大久保佳代子」が、「関ジャニ∞にとっての恩人みたいな人はいるの?」と質問します。すると、「大倉忠義」が隣にいる「安田章大」を見ながら、「「関ジャニ∞のデビュー前に」僕はバック「ダンサー」だったんですけど、ドラムが抜けた時に「安田が」推薦してくれたんですよ」と告白しました。

続けて、「大倉忠義」は「結構、うちのメンバーって、ヤスがやってる人多くない?」と、「安田章大」が「グループ」の「“キーパーソン”」的な存在であると示唆します。「錦戸亮」が「グループ」を脱退しようとした時も、「安田章大」が止めたのだと明かされました。その理由について「安田章大」は、「センスがあったり、みんないいって思われる人やから残ってほしいっていうだけの話やったと思うんですけど」と語ったのでした。

そんな「安田章大」の恩人はというと、「舘「ひろし」さんか「泉」ピン子さん」とのことでした。「2人」とは「ドラマ」「なるようになるさ。」「TBS系、2013〜2014年」で共演した間柄で、「館さんの現場での振る舞い方が自分も勉強になった」「ピン子さんはジャニーズの歴史をいっぱい知ってるから、「芸能界は長く続けることがとにかく大事だから、自分の意思も大事だけどそれだけでやっていくのは違うよ」って言われた」と語り、「自分の考えだけじゃダメなんだな」と感じたそうです。




一部週刊誌にて、「錦戸と大倉が関ジャニ∞を脱退する」といった報道がなされていますが、「安田章大」がこの話をしている際、「錦戸亮」は腕を組みながら険しい表情をしており、「大倉忠義」も「重みがある」と「コメント」しました。

また、「安田章大」の発言は「ファン」の間でも波紋を呼び、「ネット」上には「もし本当に錦戸さんが脱退を考えてるなら、ヤスが今このタイミングで話したのも納得できてしまう」「本当に亮ちゃんや大倉くんが脱退するなら、ヤスがテレビでこんな話するわけないよね?ということは、脱退説はウソなんじゃ?」「正直いろいろ不安はあるけど、安田くんがいる限り関ジャニ∞は大丈夫って思う。いや、今はそう信じるしかない」など、さまざまな声が寄せられています。

時期的な要素もあり、「安田章大」の発言を非常に「“意味深”」な内容だと捉えている「ファン」が多い様子でした。「メンバー」の言動に一喜一憂することなく、素直に番組を楽しめるのは、一体いつになるのでしょうか。

「メンバー」内での何らかの動きや話し合いがあったことは事実なのかも知れませんね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました