永瀬廉★タイトルバック最高★スタッフさん素晴らしい★ファンから感謝続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★ブラインドサッカー★スタッフさん素晴らしい★ファンから感謝続出」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「8月12~16日」は、「サッカー歴6年」の「永瀬廉」が、「パラリンピック種目」の「ブラインドサッカー」に挑戦しました。

視覚障害をもった選手による「5人制サッカー」で、「キーパー」以外は完全に光を遮断する「アイマスク」をつけ、試合を行います。「ボール」に入った鈴の音を頼りに、人の位置などを把握しなければならないのですが、「永瀬廉」は最初の練習試合でまったく「ボール」に触れることができず、わずか「2分」で「すみませ~ん、ギブアップで~!」と音を上げてしまいます。




そこで、「ガイド」の声を頼りに人を避けながら「コート」を走る練習や、「ボール」の音を頼りに相手の位置を把握して、「シュートコース」を塞ぐ「ディフェンス練習」をすることになったのですが、音だけを頼りに動くのはかなり難しく、相手選手に翻弄されっぱなしの「永瀬廉」です。一方で、転がってくる「ボール」の「トラップ」と「パス」はかなりうまく、先生から「いろんなJリーガーの人たちが挑戦しても、なかなか止められないですよ!うまいです、ホントに!」と褒められていました。

次に、片膝をついた状態での「トラップ」を教えてもらうと、これを「“永瀬トラップ”」と命名して習得します。「ドリブル」からの「シュート練習」も終え、再度臨んだ練習試合では、「永瀬廉」の「ディフェンス力」が開花します。自身の「シュート」こそ決まらなかったものの、相手の動きに「ピタリ」とついて圧力をかける姿勢はなかなか様になってました。試合を終え、「永瀬廉」は「面白さであったりとか、しんどさとかわかったんで、来年「の東京パラリンピック」は見に行きたいと思いましたね」と、清々しい表情で語っていたのでした。

そんな中で、「ファン」からの反応が大きかったのが、「コーナー」の「“タイトルバック”」でした。ここでは、競技に挑戦している「メンバー」が、毎回「カメラ目線」で「ポーズ」をとるのがお決まりになっており、もちろん今回の「永瀬廉」も、いつもと同じく「カメラ目線」で決めていました。




しかも「ゴールポストに片腕を絡ませて遠くを見据える「永瀬廉」が、目線だけ「カメラ」に向けて「ニヤリ」と微笑む」「ボールを持ってあぐらをかいている永瀬が、不意に視線を向けてくる」「転がってくるボールを膝で止めた永瀬が、カメラに向かってドヤ顔を決める」など、毎日「バージョン」が変化していたため、「ファン」の間では本編よりも話題になりました。

「ネット」上では、「「MEDAL RUSH」の「タイトルバック」が最高!廉くんのサービス精神が素晴らしい」「このままサッカードラマが始まるみたいな爽やかさにときめく!」「毎日違う廉くんを見せてくれた、「ZIP!」スタッフさん本当に感謝してます!」と、「ファン」から感謝の声まで寄せられていました。

「ファン」は凄いですよね。「スタッフ」の地味な演出をちゃんと見ているんですね。ありがたいことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。