伊野尾慧★ウォータースライダーロケ★参加するも出演シーン全カット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★ウォータースライダーロケ★参加するも出演シーン全カット」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、8月17日放送」にて、「日本一速いウォータースライダー」を「伊野尾慧」と「高木雄也」が体を張って調査する「コーナー」が放送されました。

実は、「2017年8月23日」深夜にも同企画が行われており、その際は「高木雄也」と「岡本圭人」が出演していました。熊本県の遊園地「グリーンランド」にある「ウォータースライダー」で「時速58キロメートル」という記録を叩き出し、「いたジャン公式記録」として認定されています。今回も前回と同じく、「2人」で同じ「ウォータースライダー」を滑り、「スピード」が速かった人を「いたジャン公式記録」とすします。一方、遅かった人は「“ナレーションベース”」での放送か、「“全編カット”」となってしまう厳しい「ルール」です。




「伊野尾慧」はこの企画について「高い所ダメ、水ダメ、日差しダメ」と不満を語り、子どもの時以来、久しぶりに「ウォータースライダー」に乗ると不安げな表情を見せます。これには「高木雄也」が「もう向いてねぇよ、それ」と「ツッコミ」を入れ、笑いを誘っていました。

まずは、東京「よみうりランド プールWAI」にある長さ「41.5メートル、高さ13メートル、傾斜角度28度」の「直線スライダー」で対決することになったのですが、突然、「伊野尾慧」が「高木雄也」のお尻を触り、なにかに気づいた様子です。「高木雄也」は「伊野尾慧」に「ケツ触んなよ!」と言いながらも、「前回を経て、作戦を練ってきました」と告白します。滑りを良くするため、お尻に「シリコンパッド」をつけた水着を「スタッフ」にわざわざ発注したと明かしたのです。

そんな準備万端の「高木雄也」の記録は、「時速38キロ」でした。滑り終えて「想像を絶する速さ!」という「高木雄也」に、絶叫系が苦手な「伊野尾慧」は「オンエアーなしでいいから次行こうよ」と弱気発言します。しぶしぶ挑戦した「伊野尾慧」の記録は「時速36キロ」となり、「ナレーションベース」で放送することが決定しました。「伊野尾慧」が「待ってくれよ!あんなに水飲んで、あんなに距離出して」と猛抗議すると、「高木雄也」が「滑り台まではカットして、飛距離だけはオンエアー」と提案します。結局、「伊野尾慧」が滑り台から「プール」の中に落ちるまでの様子が追加で放送されていました。




次は、埼玉県「西武園ゆうえんち」にある、「ウォータースライダー」と「スキー」や「スノーボード」の「ジャンプ」を融合させた「ウォータージャポン」に移動します。「長さ27メートル、高さ12メートル、傾斜角度22度」と、まるで「スキー」の「ジャンプ台」のような形の「ウォータージャポン」を見て、「高木雄也」は「歴代で一番怖い。無理かもしんないマジで、どうしよう!」と絶叫し、一度は滑るのを躊躇したものの、意を決して挑戦します。記録は「時速38キロ」と、「よみうりランド」と同じ速度となりました。一方、「伊野尾慧」の記録は、「時速37キロ」となり、またしても「オンエアー」ならずでした。

最後は、「日本一のウォータースライダー」と呼ばれる、福島県「スパリゾートハワイアンズ」にある「長さ283メートル、高さ40.5メートル」の「ビッグアロハ」に挑戦しました。ここでも「高木雄也」が「時速27キロ」という記録を出し、「時速21キロ」だった「伊野尾慧」に勝利しました。結局、「伊野尾慧」は「3カ所」とも「高木雄也」に負けて「オンエアー」ならずでした。「そんなことあります!?」と悔しがる「伊野尾慧」に、進行役の「佐野瑞樹アナウンサー」は「伊野尾さんの人生の中で無駄な時間」と、切ない言葉を投げかけていたのでした。

この放送に、「ネット」上では「恐怖心と戦いながら3カ所も滑ったのに、オンエアーされない伊野尾くんって!」「「いたジャン」の企画がガチすぎるわ!伊野尾さんお疲れ様!」「シリコンパッドまで仕込んできた高木くんが完全勝利だね「笑」」などの「コメント」が集まっていました。

「ルール」だから仕方のないことは分かっていても「伊野尾慧ファン」にしてみれば悔しい放送になりましたね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。