村上信五★Mステリハでの神対応★上白石萌音が救世主&感謝

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「村上信五★Mステリハでの神対応★上白石萌音が救世主&感謝」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「8月18日」の放送は、俳優の「菅田将暉、上白石萌音、作詞家・いしわたり淳治」を迎え、「俳優が歌う「“役者ソング”」」特集が行われました。




俳優として活躍しながら、「2017年」には「ソロ歌手デビュー」をし、音楽活動も行っている「菅田将暉」です。「米津玄師」や「あいみょん」と「コラボ」したり、自身も出演していた「連続ドラマ」「トドメの接吻」「日本テレビ系、2018年」の主題歌を担当したりと幅広い活躍をしていますが、「レコーディング」や音楽番組といった現場は「アウェイというか 緊張する」とのことです。「役者業でカメラ目線で見ることってないから。いわゆるPVのリップとかでカメラ目線で歌うとか、すっごい恥ずかしい」と、俳優と歌手の違いに戸惑いがあることも明かしていました。

すると「村上信五」が、俳優業も活発に行っている「錦戸亮」に「使い分けどうしてるの?」と質問します。これに「錦戸亮」が「僕も「歌うとき」そんな「カメラを」見る方じゃないですからね」と答え、「村上信五」に向かって「あなたとは違います!」と「バッサリ」。いつも「カメラ」を意識しながら歌っているという「村上信五」は、「そやな、確かにな」と笑いつつ、「錦戸亮」の意見に納得せざるを得ないのでした。

一方、映画や舞台でも活躍している「上白石萌音」は、映画「君の名は。」「2016年」で「ヒロイン」の声優を務めた際、挿入歌の「なんでもないや」の歌唱を担当しており、歌番組にも多数出演していました。「村上信五」が「「なんでもないや」の頃とかはちょこちょこ「一緒になった」ね?」と言っていたように、音楽番組「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」では、「関ジャニ∞」と同じ放送回に出演したことも。しかも、「上白石萌音」にとっては、この時が「なんでもないや」を生歌唱で披露する、初めての場だったのだそうです。




そのため、「震えるほど緊張していた」という「上白石萌音」ですが、「リハーサル」を終えると「関ジャニ∞」の「メンバー」が一斉に寄ってきて、「よかったね~!」と声をかけてくれたといいます。「上白石萌音」いわく、中には「儲かりまっか!?」といった、「コテコテ」の大阪的なあいさつも混じっていたそうです。これには、「メンバー一同」「誰?誰?」と騒然としていましたが、すぐに「多分やけど、俺やろう!それは、俺でしょう!」と「村上信五」が自己申告します。とはいえ、「関ジャニ∞」のおかけで緊張が解けたそうで、「上白石萌音」は「冗談じゃなく「“救世主”」だったんですよ」と、「関ジャニ∞」に感謝していると振り返っていました。

これには、「ファン」も「すごく関ジャニ∞らしいエピソード!神対応じゃないですか!」「「儲かりまっか!」って声掛けるの、ザ・関西のおっさんすぎて笑う。でも、これが関ジャニ∞のいいところ!」「関ジャニ∞が救世主って、ファンとしてもうれしいな~。また「Mステ」で共演してほしい」と、「関ジャニ∞」らしい振舞いに感激していたようです。

「間ジャニメンバー」らしい関西人の「リラックス方法」で「上白石萌音」も助けられたようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました