松岡昌宏★家族葬でなんで俺なんだよ★内海光司を驚愕させた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★家族葬でなんで俺なんだよ★内海光司を驚愕させた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「8月18日」の放送は、「7月9日」に逝去した「ジャニー喜多川社長」の「“家族葬”」について語られました。

「松岡昌宏」は、放送日である「8月18日」について「知り合いというか、いろんな人の誕生日が多いんだよ。まあ僕らの先輩、中居正広さんも確か今日ですよ」と「中居正広」の名前を皮切りに、「元プロ野球選手」の「清原和博」や歌手の「吉川晃司」、女優の「名取裕子」などの名を挙げました。




その後、「松岡昌宏」は誕生日の話繋がりで思い出したように「この間、久々にすげえうれしかったんだけど」と前置きし、「別にあえて触れてなかったわけでもないんですけども。まあ、皆さんご存じのとおり、弊社の社長、ジャニー喜多川社長がお亡くなりになって。みんなで葬儀を、「“家族葬”」という形とらせてもらって」と、「ジャニー喜多川社長」の葬式について言及しました。「松岡昌宏」は葬式の際、集まった面々でかなりたくさん話をしたと振り返り、「近藤真彦」の提案で、葬儀に参列した「メンバー全員」で「ジャニー喜多川社長」にまつわる思い出を「“リレー形式”」で語ったと報告しました。その際、なんと「松岡昌宏」が「トップ」に指名されたのだそうです。

「松岡昌宏」はこの時に話したという逸話を、「ラジオ」でも披露しました。「僕、13歳の時かな。リハーサルやってる時にですね、大熱を出してですね。40度近く熱出したのかな。その時ね、ジャニーさんがね、俺をバーッと掴んでね、抱えてね。とある病院まで運んでね、救急で診てもらったんだよね」と語りました。

その当時「13歳」だった「松岡昌宏」は、まだ身長が「150cm」前後しかなかったそうで、「今の俺からしたら、考えられないわけじゃない?」と言いながら、「人様、よそ様のね。子どもたちを預かってるから。「何かあったら「まずい」」っていう気持ちが、やっぱ、あれだったんだろうね」「タクシーとか呼ぶよりも、僕が運んだ方が早いっつって」と、「ジャニー喜多川社長」の行動力に感謝しました。




「松岡昌宏」はこの話をしたあと、次の語り手に、とある先輩を指名したと明かします。「本当に可愛がってもらい、本当にお世話になった、僕の大好きな大先輩」といい、さらに「私が唯一自慢できたのは、その方と同じ誕生日だったんですよね。だから僕はジャニーズ事務所入る前に、その先輩と同じ誕生日って事をよく誇りにして、「俺、一緒なんだよ」みたいなことを言ってたんですよ」と告白します。そんな大好きな先輩とは、「元光GENJI」の「内海光司」なのだそうです。ちなみに、指名された「内海光司」は「なんで俺なんだよ!?」と驚いていたそうです。

「本当に素敵な会でしたね。うちは「“ファミリー”」なんだなってことを思ったね。いい先輩たくさんいて、頼もしい後輩がたくさんいて。うん、その中に自分がいるってことを、非常に誇りに思いました」と、しみじみ語っていた「松岡昌宏」でした。そして「そういうきっかけを最後、ジャニーさん、作ってくれたのかなって思うと、最後の最後まで「ありがとう」という気持ちでした」と、「ジャニー喜多川社長」へ深く感謝していたのでした。

家族葬という形をとったおかげで、仲間たちとゆっくり「ジャニー喜多川社長」を偲ぶことができたと振り返った「松岡昌宏」です。「“ジャニーズ愛”」に溢れる放送回となっていました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。