猪狩蒼弥★日本破壊★騒動に至る暴走★人殺せる&人権ない発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「猪狩蒼弥★日本破壊★騒動に至る暴走★人殺せる&人権ない発言」の事をお伝えしたいと思います。

「コンサート」中に発言した「日本破壊」なる「ワード」をきっかけに、「ネット」上で「猛バッシング」を受けている「ジャニーズJr.内ユニット・HiHi Jets」の「猪狩蒼弥」です。「公式携帯サイト・Johnny’s web」の「グループ連載」で「“失言”」を侘び、「8月20日」の「コンサート」「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」では「メンバー」が頭を下げて騒動を謝罪したといいます。事態を深刻に受け止める「ファン」が存在する一方で、「そんな騒ぐほどのこと?」「あの程度の発言で謝罪しなきゃいけないの?」と楽観視する「ファン」も見受けられるなど、いまだ波紋が広がっています。

事の発端は、「8月15日」の「HiHi Jets」による「単独コンサート」「裸の少年 夏祭り!」昼公演での「トーク内容」でした。「18日」の開演~中盤「MC」までが「Jr.エンタメサイト」「ISLAND TV」で生配信されることを受け、「メンバー」が「Twitter」上で「トレンド入りさせたい」と意気込むと、「猪狩蒼弥」は「トレンド」入りを狙う「ワード」として「日本破壊とか」と口にしたといいます。

「15日」の「コンサート」を見た「一部ファン」の「レポート」によれば、「日本破壊」が「トレンド」に食い込んだ場合、自分たちのことを知らない人が見たら「ビックリ」するのではないか、と懸念の声が「メンバー」から出ていたそうです。また、「猪狩蒼弥」自身が「嫌われそうだからやめよう」と、日本破壊で「トレンド」入りを目指す動きを止めていたという書き込みも上がっていました。ですが、結果的に「猪狩蒼弥」は「18日」夜公演で「#日本破壊でツイートしといて!」と、客席に呼びかけていたそうです。その結果、「ファン」の手によって、実際に「#日本破壊」は「トレンド」の上位に「ランクイン」しました。一般の「ネットユーザー」が「#日本破壊って何!?」「ジャニーズJr.のメンバーがファンにお願いしたのか。なんで、日本破壊?」と、困惑してしまったようです。




熱心な「ファン」は、「HiHi Jets」を喜ばせようと「#日本破壊」の「ハッシュタグ」を一生懸命に投稿していたのでしょう。とはいえ、日韓関係が悪化している最中であり、「15日」は終戦記念日だった点から、「ジャニーズファン」は「よりによってなぜ終戦記念日に「日本破壊」なんて思いついたのか」「若い子に影響力があるってこと、グループで仕事をしてる自覚がなさすぎ」「言葉選びが完全にアウト。悪い印象しか持たれないのに」と呆然。「ネットユーザー」からも「不謹慎」だとの批判が、日に日に強まっていきました。

大問題に発展したためか、「Johnny’s web」の「伝記」「19日更新」に「グループ全体」としての謝罪文を掲載しました。前日の「コンサート」で「猪狩蒼弥」が発した「日本破壊」の意味は、「今までにないくらいのレベルで、盛り上がりましょう!」という比喩表現だったと説明しています。「とても軽率で不適切な表現であったと深く反省しています」などと、「ファン」に向けて陳謝しました。また、「20日」の昼公演では、髪を黒く染めた「メンバー5人」が騒ぎについて謝り、「猪狩蒼弥」は「私の不適切な発言で多くの方を不快にさせてしまい、申し訳ありませんでした」「今後は発言に責任を持てるように精進してまいります」と、話したとのことです。「ネット」上の「レポート」によると、会場内は「頑張れ~」といった声や、拍手も起こるなど、温かい「ムード」に包まれていたそうです。

この対応を受け、「5人は問題児だから、これくらい大したことない」「別に謝ることないのに。それだけHiHi Jetsの影響力があるってこと」「「日本破壊」ってワードセンスが天才だし、褒めるべき」「トレンドで目にして、そこからHiHiを知ったっていう人もいるし、存在を知ってもらうきっかけになった」と、「5人」を擁護する「HiHi Jetsファン」は少なくありません。

一方で、「ジャニーズファン」の多くは、「HiHi Jetsファン」の行動に「ドン」引いている印象です。「ネット」上で叩かれている状況にもかかわらず、一部の「HiHi Jetsファン」はなおもこの「ハッシュタグ」をつけて「ツイート」していました。こうした状況について、「ツイートすべきか否かの判断ができないファンがわんさかいるの、ヤバい」「本人に言われたからって何も考えずにツイートしちゃうファンもバカ」「ある意味伝説になった、みたいなノリのファンが怖い」「「時代作っちゃったね。笑える」みたいな「ツイート」してる若い「ファン」の存在に引く」と、呆れた声が続出しています。

一方、そんな渦中の「猪狩蒼弥」は、今年「9月20日」で「17歳」になる「高校2年生」です。「ローラースケート技術」を「故・ジャニー喜多川社長」に認められ、楽曲によっては振り付けを任されるなど、「グループ」内でも重要な役割を果たしています。「ラップ」を得意とするほか、語彙力の豊富さから、「ファン」の間で「“歩く国語辞典”」とも呼ばれてきました。時に、高校生とは思えない達観した「コメント」を残す場面もありましたが、このところは危なっかしい発言が目立っていたようです。




例えば、単独公演「裸の少年 夏祭り!」の「8月6日」夜公演で、最年長の「高橋優斗」が「11月」に「20歳」になるという話になった際、「猪狩蒼弥」は「何でもできるじゃん、人殺せる!」と言い放ったといいます。「ファン」の間で「20歳になったらなんでもできるっていう発想から、殺人につながるのはちょっと怖い」「「人殺せる」なんて、公の場で影響力ある人が口にしちゃいけない言葉だよ」と否定的な反応が続出しました。ちなみに、「高橋優斗」は今夏放送された「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」「WOWOW」で、殺人犯役に挑戦していたこともあり、「“ドラマを意識したネタ”」だったのではないかと、「一部ファン」が「猪狩蒼弥」を「フォロー」する流れになったほどでした。

さらに「11日」の同公演では、「Jr.内ユニット・美 少年」の「那須雄登」について「肖像権も人権もない」と「イジ」り、非難の的になっています。

那須の一発芸を、「HiHi Jets・作間龍斗」が本人不在の「ステージ」で披露した時、「スベったのは那須」と「猪狩蒼弥」が責任をなすりつけたそうです。また、「「那須には」肖像権も人権もない」などと主張。これを知った「那須雄登ファン」が「度が過ぎる」と怒るのも無理はないでしょう。さらに、同日は会場にいた特定の「ファン」の顔を「“認知”」していると「ステージ」上で明かし、「わざわざ皆の前で、特定の子だけ覚えてる発言は必要ない」「ほかのファンの気持ちも考えて」と、顰しゅくを買っていました。こうした「猪狩蒼弥」の暴言が危惧されていた中での「#日本破壊」騒動だったため、「最近は過激で暴走してるように思えたから、痛い目見て気づけたならいい」「これで気づくことができて、むしろラッキーだと思う」と勉強になったのでは、という声もありました。

生配信された「18日」の公演では、「メンバー紹介ソング」の「挨拶パート」で「俺が法だ」という「キラーフレーズ」を発していた「猪狩蒼弥」です。今はその考えを見直すべきなのかもしれないですね。

「17歳」の未成年とは言え発してはならない言動で「ファン」も落胆しているのは間違いないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。