松岡昌宏★もし俺が板前だったら★妄想一人芝居★佐藤二朗困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★もし俺が板前だったら★妄想一人芝居★佐藤二朗困惑」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「8月21日」に放送されました。この日は「ゲスト」に「俳優・佐藤二朗」と「石原さとみ」が登場しました。




「人気コーナー」「生まれて初めて聞かれました」では、最初の質問に「絶対に忘れられない危機一髪は?」が選ばれました。これは「長瀬智也」からの質問だといい、「友だちのオートバイの後ろに乗って出掛ける予定だったんですけど」と、まずは自分の経験から語り始めます。そして「都合が合わなくてそれはキャンセルしちゃった。そしたら、その友だちが事故に遭ってしまった」と、かなり衝撃的な「“危機一髪”」があったことを告白しました。

この驚きの告白に「スタジオ」が騒然としていると、「長瀬智也」は「まあ、軽い事故で済んでよかったんですけど」と「コメント」します。これには「松岡昌宏」が焦ったように、「それ言って!ちょっと心配で」と「長瀬智也」に「ツッコミ」ます。ほかの出演者も「ホッ」とした表情を浮かべていました。

続いて、「松岡昌宏」からの質問「初めての給料何に使った?」が選ばれます。「ちなみになんですけど」と切り出した「松岡昌宏」は、「12歳の最後くらいかな。頂いたお給料で「“ハマチ”」を買ったんですよ」と告白します。「切って「刺身にして」ハマチを食べるんじゃなくて、サクで食べてみたかった」と少年らしいよくばりな気持ちから、「“ハマチ丸かじり”」のために初任給を使ったとのことでした。これには「スタジオ」からも「なるほど」「大きいままね」と、微笑ましく思っているような声が漏れていましたが、「松岡昌宏」は「食べたら「これは切って食べた方がおいしいな」ってことを、12歳で知る」と語ったのでした。




どうやら「松岡昌宏」は、刺身や寿司が相当好きなようで、その後語られた「撮影がクランクアップした日に1人で寿司屋に行った」という「石原さとみ」の話に「テンションアップ」しました。「俺が板「前」さんだったら」と妄想を始め、「どうした石原さとみ?1人で来たか俺の目の前に」「白身は寝かしたのを食わしてみよう」と一人芝居をする「松岡昌宏」。ですが、その様子に「佐藤二朗」が困惑し「ちょっとごめん国分さん、松岡が何を言ってるかわからない」と助けを求めます。これに「国分太一」は「そういう時は、「なるほど~」で大丈夫」と「アドバイス」し、「長瀬智也」も「流しておけば「いい」」と「コメント」します。「TOKIO」にとって、「松岡昌宏」の暴走は「“よくあること”」のようです。

「ノリノリ」の「松岡昌宏」に対し、視聴者からは「昔からワイルドだったんだ!デビュー当時から松岡くんは松岡くんって感じでいいね」「発想がかわいすぎる!しかもハマチって渋いチョイス!」「メンバーが「なるほど〜」って相槌した場合は、松岡くんが何言ってんのかよくわかんなかった時ってことね「笑」」といった声が寄せられていました。

「松岡昌宏」の暴走を理解するのも止めるのもやはり「メンバー」でないと無理なことが分かりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。