玉森裕太★塩対応に批判集中★怖い&人としてダメの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「玉森裕太★塩対応に批判集中★怖い&人としてダメの声」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の冠番組「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」が、「8月22日」深夜に放送されました。この日は「ゲスト」に「お笑いタレント」の「大久保佳代子、女優・永野芽郁、109カリスマ店員・ひかぷぅ」を迎え、彼女から「実はバツイチなの」と言われた時の対応に、「Kis-My-Ft2メンバー」が「チャレンジ」することとなりました。




今回、もっとも高得点を獲得したのは、「藤ヶ谷太輔」でした。彼女から「実はバツイチなんだ」と告白された「藤ヶ谷大輔」は、「えっ?」と一瞬固まり、「正直驚いてるね」と素直な戸惑いを見せます。その後、「でも、ちゃんと伝えてくれてありがとう」と言い、「伝えるのも勇気がいるじゃん」と笑顔になります。そして「でも、好きな気持ちには変わりはないかな」「むしろ、それだけ大切なことを言ってくれてるから、「好きな」気持ちは増してるかな」と優しく話し、「改めて、今日からよろしくお願いします」と締めくくりました。

この対応に、「一般審査員70人」からは「大人の対応」「誠実さ◎」といった絶賛が続出しました。「ゲスト審査員」の「永野芽郁」は「リアルな反応をしてくれてるから、私に対してちゃんと気持ちがあるんだな、と思ってよかった」と「コメント」し、「総合得点80点」で、この日の「第1位」となりました。

一方、もっとも低い評価となったのは、「玉森裕太」でした。「バツイチなんだ」という彼女の告白に、「ソファ」にもたれたまま、目も合わせずに「そうなんだ、知らなかった。初耳」と、関心がなさそうな受け答えをする「玉森裕太」です。「ごめんね、言ってなくて」と彼女が謝ると、「全然、全然。別になんも気にならないから大丈夫だよ」とようやく彼女を「チラ」見します。最後に「言ってくれたのはうれしかったー」と軽く口にしつつ、「でも本当に気にしてないし、全然大丈夫」と、彼女に対して最後まで親身になることはありませんでした。




これには一般審査員から、「無関心すぎ」「目を見て!」などの酷評が集まり、対応のひどさに「ゲスト審査員」が大爆笑するほどでした。「ひかぷぅ」は「「玉森の」感情が読めなかった」と、「玉森裕太」の「“塩対応”」を批判し、「永野芽郁」も「日常会話とは違うので、もうちょっと向き合って会話したかった」と指摘しました。また、「人として「ダメ」だね」という声が上がると、「玉森裕太」が「そうだね。なんか欠落してるっぽい」と自虐する一幕も。総合得点は「24点」となり、この日の最下位が決定しました。

視聴者からは、特に「玉森裕太」に対しての意見が集まり、「玉森くんの塩対応がやばすぎる!普通に怖い!」「なんで全然目合わせなかったんだろ 確かに人としてちょっと」「人として欠落してるって、自分で言うのか「笑」」と「ツッコミ」が続出していました。

「玉森裕太」の「クール」な一面が垣間見えたように思えますよね。「ファン」も見たくなかった一面だったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。