永瀬廉★エロスについて★しゃべらずともわかる&出そうと思ってない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★エロスについて★しゃべらずともわかる&出そうと思ってない」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・永瀬廉」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「King&Prince 永瀬廉のRadio GARDEN」「文化放送」です。「ゲスト」に「レコメン」「パーソナリティ」の「オテンキのり」を迎えた「8月22日」の放送回では、「女性の好み」で話が盛り上がりました。

この日、「リスナー」から「私は好きな人が多すぎることに困っています。職場に好きな人が5人もいます。いろんな部署に好きな人がいるので、仕事のモチベーションが上がるのは自分でも素晴らしいと思うのですが、結局、誰のことが好きなのかわからなくなり、恋愛を積極的に進めることを諦めてしまいます」という「メッセージ」が届きました。




「永瀬廉」はこれを読み上げ、「めっちゃ面白い!」と大爆笑していましたが、「いいところを見つける天才なんじゃない?」という「オテンキのり」の言葉を聞き、「いいこと言いますね~」と感心します。そして、「オテンキのり」から「ちなみにどういう女性が好き?」と聞かれたことから、「永瀬廉」は女性の好みについて語ることとなりました。

「つややかな妖艶」と即答した「永瀬廉」に、「オテンキのり」は「あ~、「“エロス”」がすごい感じのね」と補足します。これに「永瀬廉」は「そうそうそう!」と「ノリノリ」だったものの、「目「線」を合わせて、目「線」を外されたとき「エロスを感じる」」という「オテンキのり」の言葉には、「僕はそういう具体的なのじゃない」と共感しませんでした。

どうやら「永瀬廉」は「結構、雰囲気で感じ取るんですよね、そういうエロさっていうの。しゃべらずともわかるんですよね。そういう人にすごい惹かれます」とのことで、醸し出す「オーラ」や「フェロモン」に魅力を感じる「タイプ」のようです。「「本人が」出そうと思ってなくても、近くにいると感じますもんね、そういう人」と、「永瀬廉」には女性の「エロス」をかぎ分ける力があるようです。「そういう人が僕、タイプなんですよね」と明かしたのでした。




一方で、「リスナー」からの質問には「「“Love”」ではなく「“Like”」なら、もう全員Go、Go、Goですよ!」「いろんな蜜吸ったらいいと思います、いろんな花の蜜。吸って、どのやつが一番良かったかって。で、そこに結果戻ってきますから。いいところには戻ってくるんですよ、結果」と、豪快に「アドバイス」をした「永瀬廉」でした。「オテンキのり」から「急におしゃれな言い方してきたね」と「ツッコ」まれると、「永瀬廉」は「実は「花の蜜」って言い方、「Sexy Zoneの中島」健人くんから習いました!」と明かしていました。

放送後には「ファン」から、「れんれん、健人くんに相当似てきたなあ「笑」」「名言出たかと思いきや、「健人くんから習いました」って。ケンティーさすがだわ!」「れんれんがケンティー路線を狙ってる!?」という声が続出しました。「中島健人」と「永瀬廉」と言えば、同じ大学の「先輩・後輩」の間柄ということもあり、普段からこういった「“教え”」を請うているのかもしれないですね。

「永瀬廉」の説得力のある「アドバイス」に「ファン」も納得がいくでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。