岸優太★体を見せたがる★正直ウザイ&高橋海人から苦情受けた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★体を見せたがる★正直ウザイ&高橋海人から苦情受けた訳」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「8月19~23日」は、「岸優太」が「飛び込み」に挑戦しました。

初日の冒頭、「1人」で登場するのは「約2カ月」ぶりということで、「来ました~!「MEDAL RUSH」岸の回です!」と「ハイテンション」な「岸裕太」です。そんな中、「スタッフから「ちょっとタレコミがありまして」と、不穏な発言が。なんでも、「“神奈川県出身・T橋K人”」から「最近、岸が鍛えた体を見せたがる。正直ウザイ」という苦情が寄せられたとのことです。この時、「“T橋K人”」の目線入り写真が出ていたのですが、どう見ても「メンバー」の「高橋海人」でした。




すると「岸優太」は、「そんな、別にたいしたことないっすけどね?」と謙遜しつつ、おもむろに「メンバーカラー」の紫色の「ジャージ」を脱ぎ始め、綺麗に割れた「シックスパック」を披露します。すかさず「スタッフ」から「そういうところじゃないですか!?」と「ツッコ」まれていましたが、「岸優太」は自慢の肉体美を披露できてご満悦の表情です。ちなみに、その後の「ナレーション」は「岸」ではなく「きんにくん」「紫きんにくん」と呼ばれていたのでした。

そんな「オープニング」を終え、「岸優太」はまず全日本選手権優勝の実績を持つ、「千歩純一選手」の飛び込みを見学します。その迫力に「できるんですか?初めてですよ、僕」と戸惑う「岸優太」でしたが、実は入水時の衝撃は「1トン」もあり、五輪選手ですら「ケガ」をしてしまうほど、危険を伴う「スポーツ」だといいます。「スタッフ」からは「万が一に備えてレスキューを用意した」という情報が伝えられましたが、そこに現れたのは「めちゃめちゃワガママBody」の「AD」でした。あまりの頼りなさに、「岸優太」は「いやいや」と言いつつ、思わず頭を抱えてしまいます。

とはいえ、以前同番組の「ロケ」で「トランポリン」に挑戦し、筋の良さを褒められている「岸優太」は、同じく体幹を使う飛び込みに自信がある様子です。基礎づくりとして、超高速で行う「“V字腹筋”」や、足の指先を曲げた状態で歩くなど、常人離れした動きの練習を経て、いよいよ「1m」の高さの「ジャンプ台」から飛び込むことになりました。




ですが、「1度目」の挑戦で尻を強打してしまい、「やばい、俺なんでこんなビビるんだろう」と顔を真っ青にし、入水できなくなってしまう「岸優太」です。その後、なんとか恐怖心に打ち勝ち、課題となっていた「“足からの入水”」と「“頭からの入水”」を「クリア」します。すると「だんだん水と友だちになれたかな?」と笑顔が戻り、少しずつ自信を取り戻していました。

“水しぶきをあげないで飛び込む”という課題も見事クリアすると、岸自ら「3mチャレンジいっていいですか?」と申し出る。ナレーションで「スタッフは思った。そのやる気、もっと早く出してほしかった」とツッコミが入っていたものの、3mの飛び込み台からも綺麗に入水を決めることができ、最後には「すごい強くなれた気がします!」と清々しい表情を見せたのだった。

「岸優太」の奮闘に対して、「ファン」からは「めげずにチャレンジしていく姿、本当にかっこよかった!」「岸くんのチャレンジ精神に心打たれた!感動しかない!」といった称賛や、「確実に「“岸優太の筋肉ロス”」に陥るわ」「また岸くんの筋肉メインの仕事をよろしくお願いします!」との声が続出しました。「ファン」にとっては、「岸優太」の挑戦を見守るとともに、鍛えられた肉体を思う存分堪能できる「“ご褒美回”」でもあったようですね。

「高橋海人」から「ウザ」がられようが体を見せたがる「岸優太」の純粋無垢な性格が「ファン」にとっては許せてしまうでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。