キンキ★ハーモニーパイプにハマる★すごく面白い&これいいな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「キンキ★ハーモニーパイプにハマる★すごく面白い&これいいな」の事をお伝えしたいと思います。

「8月24日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」は、「お笑いコンビ」の「ハライチ・岩井勇気」と「澤部佑」が「ゲスト出演」しました。

「ゲストのやりたいことをする」というのが「コンセプト」の同番組です。「ハライチ」のやりたいこととは、「岩井勇気」が考えた「澤部に楽器を買わせたい!」というものでした。「ピアノ歴17年」にして、「THEE MAD COUNTRY’S STORE」という「バンド活動」もし、楽器に精通している「岩井勇気」に比べて「澤部佑」には趣味がないとのこと。「岩井勇気」から「「3児の」子育てが趣味のパパタレになってほしくない」と言われ、「KinKi Kids」とともに趣味となるような楽器を探すことになりました。




場所は浅草にある「ジャパン・パーカッション・センター」でした。ここには「約180種類」の楽器が集まり、「4人」は世界の民族楽器約「100種類1,000点」を取り扱う「エスニックシティ」という「フロア」に到着します。

中でも、一行は「赤いホース状」のものを振り回して音色の変化を楽しむ「ハーモニックパイプ」に注目したようで、「これ趣味にしたら誰もいない」「堂本光一」「これ欲しい時、絶対呼ばれるんだから」「岩井」「職人の感じで振ってる方の手だけ太くなる」「堂本剛」「FNS「歌謡祭」に呼ばれるかもしれない」「光一」と言いたい放題です。

実際に楽器の説明をしてくれる店長に音色を出してもらうと、「澤部佑」は「FNSでは聴いたことがない!」と、この楽器購入にあまり乗り気ではないようです。ですが、「澤部佑」も実際に音を出そうと「パイプ」を振り回すと、近くにあった「シンバル」に当たり「“シャーン”」と店内に音が響くと周囲は大爆笑します。「これいいな」「剛」「すごく面白い」「光一」と「KinKi Kids」は気に入ったようです。

その後も、龍の鳴き声のような音が鳴る楽器「春雷驚龍鍋」や「アフリカ発祥」の楽器「トーキングドラム」、金色の「ボウル」の縁を短棒でこすって音を鳴らす「シンギングボウル」や円盤のような形をした優しい音色の楽器「ハンドパン」など、さまざまな楽器が紹介され、最後は「4人」で「KinKi Kids」の「フラワー」「1999年」を「セッション」することになりました。




「堂本光一」と「岩井勇気」は「ハンドパン」、「堂本剛」は「シンギングボウル」、「澤部佑」は「春雷驚龍鍋」を担当します。曲の出だしは「堂本剛」が「“チーン”」と「ボウル」を叩くところから始まり、「ハンドパン」で「メロディー」を奏で、最後は「澤部佑」が龍の鳴き声を出すという構成でしたが、「ハンドパン」の「プロ奏者」は「岩井さん、めちゃくちゃ上手いなと思って」と「岩井勇気」を「ベタ」褒めしたのでした。

最後に「堂本光一」から「どうする?今日いろいろ触ったけどさ、どれ買う?」と言われた「澤部佑」は、「最高の趣味、見つかりました!」と「ハーモニックパイプ」と「春雷驚龍鍋」のまさかの「2つ」同時購入をすることを宣言します。「KinKi Kids」の「2人」も「音を出すって楽しいね」とうれしそうな表情をしていたのでした。

この放送に「SNS」上では、「ハライチの回、KinKiがすっごい楽しそうで見てて楽しい」「楽器やってるKinKiちゃんやっぱり楽しそうだしかわいい」「ふたりの笑顔全開だし、ハライチとの掛け合いもよかった」「楽しさビシバシ伝わってきた」などの「コメント」が寄せられていました。

「ハーモニーパイプ」の音で「キンキ」の「2人」が歌っているところを想像するだけでも「ワクワク」してきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。