なにわ男子★24時間テレビ★整理券めぐり★舐めんな&ファン憤怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「なにわ男子★24時間テレビ★整理券めぐり★舐めんな&ファン憤怒」の事をお伝えしたいと思います。

「8月24日~25日」にかけて放送され、「嵐」が「メインパーソナリティー」を務めた「チャリティー特番」「24時間テレビ 愛は地球を救う」「日本テレビ系」です。「ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子」は「大阪・読売テレビ」「ytv」の「スペシャルサポーター」を務めましたが、「24日」は彼らを目当てに駆けつけた「ファン」が集結し、現場が大混乱に陥ったといいます。想定を超える人数がやって来たことから、整理券を配布する前に突如「“じゃんけん大会”」が行われたことなどについて、主催者側の準備不足を責める声が相次いでいます。

「24時間テレビ」放送初日の「24日」、「読売テレビ新社屋」の「ステージ」ではいくつかの催しを実施しました。「午後2時台」の事前番組や、番組が始まる直前の「午後6時20分」からは「24時間テレビスタート~新社屋より生放送~」と題した「イベント」が組まれ、「安全対策のため」として事前に整理券の配布を告知しました。待機列作成や配布開始の時刻も「HP」にて「アナウンス」していました。また、放送中は「募金ブース」に「なにわ男子メンバー」が登場する可能性もあるだけに、多くの「ジャニーズファン」が殺到したといいます。




現場にいた「ファン」の書き込みによれば、集合時間になった時点ですでに「1,000人規模」の「ファン」が集まっていたため、主催者側も困惑していたそうです。整理券を配る上で人数を減らす目的だったのか、「スタッフ」と「ファン」による「じゃんけん大会」が突如始まったといいます。ですが、この判断について、居合わせた「ファン」の間では「大人数でのじゃんけんは無理がある」と、ため息が漏れていた様子です。「ネット」上には、脚立かなにかに乗った「スタッフ」が「ファン」とじゃんけんしている動画が投稿されていますが、周囲で「意味わからない」「急にじゃんけん大会始めるな」と「ファン」の「ボヤ」き声が入っています。すると、「スタッフ」はじゃんけんを途中でやめて、「白紙を混ぜて整理券を配る」という抽選制を導入します。さらにその後、「もう整理券はありません」と告げ、配りきれなかった「ファン」に解散を促したとのことです。

「スタッフ」へ暴言を吐く「ファン」も現れるなど、新社屋周辺はただならぬ雰囲気に包まれていたようです。さらに、騒ぎが大きくなったためか、「現場スタッフ」は「人が押し寄せて危険」と説明しつつ、「なにわ男子の募金ブースへの登場はなくなった」と「ファン」に伝えたといいます。

すると、「ネット」上では「マナーの悪いファンのせい」で「なにわ男子」の登場が取り消されたといった情報が広まり、これらの「トラブル」を目の当たりにしていた「ファン」からは「募金ブース登場が中止になったのは、単純に人が多すぎたから」「予想以上に人が来て「整備できない」ってアナウンスがあった。観覧の整理券、募金列の誘導の仕方など運営側にも問題があった」「読売テレビ、なにわ男子の人気を舐めてたね。前で人がなぎ倒されてて、危険だった」と、「ファン」の「マナー」が問題ではないとする声が上がることになりました。




そして、「読売テレビ側」は「HP」や「読売テレビ番宣担当」の「Twitterアカウント」にて、「翌25日」に予定していた「ステージコンテンツ」の整理券配布を「午前6時」からの「先着」にすると発表します。「24日」の整理券配布時に想像を上回る来場者が訪れ、「イベントスペースの都合上スムーズな運営を行う事が難しいと判断」し、協議した結果だと記しました。併せて、募金会場の「1つ」である「大阪・天王寺」の「超高層ビル」「あべのハルカス」への「なにわ男子」の登場も中止にすると報告しました。「楽しみにしていただいていた皆様、ならびに8月24日「土」にご来場いただいていた皆様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした」と、謝罪しました。

この発表が行われたのは「25日午前1~3時台」と、すでに「イベント当日」を迎えていたため「夜中の1時に配布時間変更と言われても。先着順にされるなら、せめて抽選にしてほしかった」「Twitterの情報活用が遅すぎる。24日の整理券配布前からもっと発信してほしかった」「遠くに住んでる人もいる。変更の発表が遅いのに、集合時間早すぎ。ジャニーズ舐めるな」と、わずかに苦情が寄せられていました。いずれにせよ、「読売テレビ側」の対策が不十分だったことは否めません。整理券を現場で配るよりも、「あらかじめ抽選しておくのがよかったね」「前もってネット抽選にしておけば何人くらい来るのかもわかったのでは」と、「ファン」は指摘しています。

次にこうした機会で「ジャニーズタレント」を起用する際は、今回の騒ぎを教訓にし、適切な対応をとってもらいたいものですね。

「テレビ局側」の完全な「判断ミス」により「ジャニーズファン」の怒りは収まらなかったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。