関ジャニ∞★矢沢永吉の音楽論★レアすぎ&すごい&感激

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「関ジャニ∞★矢沢永吉の音楽論★レアすぎ&すごい&感激」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「8月25日」の放送では「矢沢永吉特集」が行われ、本人も「VTR」で番組に出演しました。独占取材によって、曲作りの方法や楽曲制作に対する思いなどが語られました。




今回は、「スタジオゲスト」として作詞家の「いしわたり淳治、パンク・ロックバンド」「Hi-STANDARD」の「ギタリスト」であり、「インディーズレーベル」の社長でもある「横山健」、「音楽プロデューサー」の「多保孝一」が登場しました。普段はほとんど明かされない音楽制作の裏側についても、丁寧に答える「矢沢永吉」の姿に、「レギュラー出演者」だけでなく、「ゲスト」の「3名」も大興奮しました。「矢沢永吉」独自の「“音楽論”」が語られていましたが、その貴重な発言の数々には、「安田章大」も「レアすぎるでしょ!」と感激していました。

昭和の時代に生まれた「ロックスター」でありながら、今の時流に乗った音楽の多様性にも柔軟に対応しており、「メロディーとか音楽とかライブパフォーマンスとかは不滅だと思うけどね。やり方とか場所、見せる所とか多少変わると思うけど、永遠だと思います」と、最新の音楽業界に対する「ビジョン」を語る「矢沢永吉」です。「錦戸亮」も「すごいですよね。レコードいっぱい売ってた時代から、今の時代にちゃんと柔軟性をもって対応してるっていうのが」と「コメント」し、尊敬の眼差しを向けていました。「70歳」を目前にしてもなお、常に新しい音楽を追い求めている「矢沢永吉」の姿には、「村上信五」も「頭、柔らかいよね」と感心しきりでした。




そして、今回の「ジャムセッション」は、「ボーカル」に「錦戸亮」、「ギター」に「安田章大」、「ベース」に「丸山隆平」、「ドラム」に「大倉忠義」という「メンバー」で、「矢沢永吉」の名曲「時間よ止まれ」「1978年」を披露しました。特に、「低音ボイス」で色気を含んだ「錦戸亮」の歌声について、「ネット」上は「錦戸亮さんの歌い方が好きすぎる!」「亮ちゃんの色気がすごい。艶のある甘~い声からの、歌い終わった時のかわいい笑顔。ギャップにキュンキュンする!」「亮ちゃんのあの独特の雰囲気や表情、声って色気とかの言葉だけでは表現しきれないな」と称賛する声が続出しました。

また、歌声だけではなく「情感たっぷりに歌う「時間よ止まれ」は、永ちゃんの世界観は壊すことなく、それでいて錦戸亮の空気感に一瞬で引きずり込まれる 才能の塊だね」「静かな中にも情感溢れる感じの錦戸亮の歌い方に引き込まれ、聞き入っちゃった。役者でもあるからか、歌ってる時も役に入ってる雰囲気でドラマチックで素敵」など、「錦戸亮」の作り上げる独特な世界観についても大きな反響が集まっていました。

「矢沢永吉」の音楽に対する世界観は独特なもので常人にはたどり着けない世界なのでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました