手越祐也★荒野行動生配信登場★仕事ズラした&マジドン引き★批判噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「手越祐也★荒野行動生配信登場★仕事ズラした&マジドン引き★批判噴出」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」末頃から、「ネット」上で「対戦型ゲーム」を楽しむ「eスポーツ」の「チーム」に所属したという「ウワサ」が広まっている「NEWS・手越祐也」です。「動画配信サイト・YouTube」の生配信に登場するなど大胆な活動を展開してきましたが、最近になって「仕事の予定を動かしてまでゲームイベントを見に行ったのではないか」といった疑惑が浮上しています。純粋な「NEWSファン」からは「手越は自由すぎる。プロ意識ないの?」「呆れすぎて言葉が見つからない」と、批判が噴出しています。

「ゲーム」好きとして有名な「手越祐也」です。中でも「スマートフォン版バトルロイヤルゲーム」「荒野行動」に熱中しているといい、かねてより「ゲーマー」の間では「手越祐也」の「ユーザー名」が特定されていました。そして、「2018年12月16日」深夜、「チーム・DgG」「Pro E-Sports Team Digital Gate Gaming」の代表を名乗る「Twitterアカウント」が「DvSTegoはDgGに所属し、クランタグを変えましてDgGTegoになりました!」「本物の手越か?って質問も多いので答えますが本物です!」と発表しました。当時出回った「ユーザー名」と同一だったため、「DgGTego」は「NEWS」の「手越祐也」を指していると、話題になりました。

「ジャニーズ」では副業が禁止されていますが、「DgG」の代表は「Twitterユーザー」からの質問を受けて、「TegoさんとDgGとの間に金銭は発生していません」と説明しました。この段階では「“Tego”」が「手越祐也」本人なのかどうか疑う声もありましたが、「YouTube」の生配信に参戦した際、「ボイスチャット」で会話している声が「普通に手越じゃん」と、「ファン」は衝撃を受けていました。やや甲高い声、笑い方まで「手越祐也」にそっくりで、自身が出演している「テレビ」を見ながら「ゲーム」を「プレイ」していると明かしたことからも、「Tego」は本物の「手越祐也」だという見方が強まりました。




「DgG」の「手越祐也」は、今年「3月」に「チームメンバー」と寿司を食べつつ、「シャンパン」や酒を飲む宴を楽しんでいます。「手越祐也」の顔がわかる写真こそありませんでしたが、参加者が「手越さん全奢り」「手越さんにおごってもらったw 隣にずっと手越さんいるw」と、うれしそうに「ツイート」していたのでした。ですが、「DgG」の「公式アカウント」は「5月5日」に「本日を持ってDgGTegδがDgGを脱退したことをご報告致します」とお知らせ。その後、どうやら「手越祐也」は「荒野行動」の「e-Sportsチーム」「αD」内の「Crow」「チーム」に入ったようです。

「8月27日」「午後9時」より、ある「チャンネル」で行われた「YouTube」の生配信にも、「手越祐也」は途中から加わっています。配信者が「ボイスチャット」で「一応、声出てます」と放送中であると前置きすると、「手越祐也」も抵抗する様子はなくそのまま会話を続行しました。生放送自体、帰り道に見ていたそうで、この後実施する「“シングル内戦”」には出場すると表明しました。配信者が「αDどうですか?楽しいですか?」と聞くと、「手越祐也」は「めちゃめちゃ楽しい」「早く合宿行こう」と声を弾ませていました。合宿は「10月」に予定されているそうです。

個人戦が「スタート」すると、配信者は「特別ゲストも 特別ゲストって言ってもチームメンバーなんでね」「あくまでテゴさん見れることはなかなかないと思うんで、テゴさん視点ももちろんいきます」と、視聴者に向けて解説します。さらに、「あ、視聴率とか狙ってないから、「手越の参加は」タイトルにも名前にもLINE@にも流してないです。あの~、そういう使い道したくないんで。またちょっと、いろいろあるんですよ」と話しており、「手越祐也」の名を大々的に打ち出す方針ではない旨を強調していました。

また、同日の放送をもって「一部チームメンバー」が脱退するというのですが、実際に顔を合わせた時にこの事実を知った「手越祐也」は「号泣」したんだそうです。「手越祐也」は「やめとけ。恥ずかしいこと言うのやめなさい」と照れながらも、「手越さんこれ、「週刊文春」「文藝春秋」載らないですか?」「配信者」とおちょくられると、「いくらでも載っけとけ。こんな平和な事態」と余裕の「コメント」です。配信者は「Crowメンバー脱退により手越、大号泣「笑」」と、「ネタ」にしていました。ほかにも、「手越祐也」は「メンバー」の脱退に関して、「もうちょっとみんなでやりたかったけど。まぁでも別にさよならじゃないし。普通にプライベートでやればいいかなと思う」と語り、新たな「チーム」や仲間にすっかり愛着を持っている口ぶりでした。




「YouTube」の生配信登場は今年「1月」の時点で物議を醸しましたが、結局は今もなお続けていることが判明し、「NEWSファン」は驚いています。「8月中旬」には「チーム」の人間が「αD」の「オフ会」とみられる写真を「Twitter」に「アップ」しています。「フード」をかぶって顔を隠している男性が「手越祐也」ではないかと、「一部ファン」が「ザワ」ついていました。こうした「プライベート」の露出について、「ジャニーズ事務所側」から何のお咎めもないとは思えませんが。そんな中、最も問題になっているのは生配信中の「手越祐也」の発言です。「プレイ」終了後、「コメント」を求められた「リーダー」とされる人物が黙ってしまうと、「考えてんの?泣いてる?」「配信者」「だってCrow好きじゃなかったら東日本のあれも見に行かないし、仕事ずらしてまで決勝戦見に行かないよ」「手越」「あれずらしましたからね」「配信者」「そう。あれは詳しく言えないけど」「手越」「あれずらしたのはビビった」「配信者」と、会話していたようです。

この部分の音声が「Twitter」上で切り取られて広まり、「手越が仕事をサボってゲームイベントを見に行った」との説が持ち上がりました。ここだけでは、これが「手越祐也」自身の「エピソード」なのか、それとも「手越祐也」が他者の暴露をしているのかは定かではありませんが、多くの「NEWSファン」は「“クロ”」と断定しています。「仕事ずらしてまで荒野行動の大会行ってたって本当?本業どっちだよ」「仕事ずらして決勝見に行った?仕事をなんだと思ってるの?マジでドン引き」「仕事よりゲームを優先したことに泣いてるんですけど。プロ意識見せて」「そもそもYouTubeの配信にジャニタレが出ていいわけない。仕事をずらしたということを、生配信で暴露したことも問題」「ゲームの方が大事なら、もう仕事辞めた方がいい」と、手厳しい意見が相次いでいます。

一方で、「手越だって人間だし、ちゃんと仕事行ってるんだからいいと思う」「手越くんにもプライベートは必要。叩いてる人の意味がさっぱりわからない」「ずらせる仕事なら構わないと思う。私たちが学校や会社を休んで出かけるのと同じだから」「ずらすことが可能な仕事だったら何も問題ない。ほかの芸能人も旅行のためにスケジュールをずらしたりするのに」「アイドルだからゲームするなとか、仕事を優先しろとか、お前らの勝手な意見を押し付けてんじゃねぇよ」と、擁護の声も少なくありません。

また、「ゲーム」を通じて知り合った女性と「プライベート」で遊んでいる疑いが懸念されるなど、「荒野行動」をめぐってさまざまな議論を呼んでいる「手越祐也」です。こうした「チーム加入」、生配信出演は事務所的に問題はないのでしょうか。今後の動向にも注目していきたいですね。

「手越祐也」らしい行動ですよね。今更ながら我が道を貫く姿に「ファン」も呆れてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。