赤西仁&郷ひろみ&山口達也★ジャニー喜多川社長のお別れ会★元ジャニーズの出欠事情

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「赤西仁&郷ひろみ&山口達也★ジャニー喜多川社長のお別れ会★元ジャニーズの出欠事情」の事をお伝えしたいと思います。

「9月4日」、「東京ドーム」で行われる「ジャニー喜多川社長」の「お別れの会」です。「8月29日」発売の「女性セブン」「小学館」が、同会に出席するとみられる「元ジャニーズ事務所所属タレント」について報じています。「スポーツ紙報道」では、午前中に行われる「関係者の部」に招待されたのは、在籍中に「デビュー」していて、かつ連絡先がわかる者とされていましたが、「セブン」は「マスコミ関係者」の間で「絶対に出席はない」と言われていた「元ジャニーズ」の何人かについて「出席予定」と伝えています。

「お別れの会」開催が発表されてから、「2017年」に退所した「元SMAP3人」の出欠が世間の注目を集めていましたが、結果的に「スケジュール」の都合で欠席することが明言されました。

彼らは決していい辞め方はしておらず、「ジャニーズサイド」からは疎まれる存在となっていたものの、招待状自体は送付されていたようです。招待状の送付先については、彼らと犬猿関係である「メリー喜多川副社長」が全て「チェック」しているそうですが、今回ばかりは彼らを「“締め出す”」といった措置は取らなかったようです。




「ジャニーズ」を退所した者は、「現役所属タレント」との「“共演NG”」が指定される「ケース」が後を絶ちません。ですが「お別れの会」に関しては、「“恩讐を越えて”」「元タレント」への声がけが行われているようです。

「メディア関係者」の間で、「郷ひろみは絶対に参加しない」と言われていたのですが、「セブン」の記事には「出席予定」という「関係者コメント」が掲載されていました。「郷ひろみ」は人気絶頂時に他事務所へ引き抜かれたとされていて、「ジャニーズ」にとっては存在自体が「“タブー”」に近いようです。「郷ひろみ」と「ジャニーズタレント」の共演は、年に一度の「NHK紅白歌合戦」くらいで、「郷がリハーサルを行っているとき、ジャニーズ関係者がピリピリしていたようだ」なんて話を今でも聞かれるようです。

また、「2014年」に退所した「元KAT‐TUN・赤西仁」も、同じく「出席予定」と報じられており、「ファン」から驚きの声が上がっているようです。

「赤西仁」は「2012年」、「黒木メイサ」との結婚が「“事後報告”」だったことで、「全国ツアー」の中止という「“ペナルティ”」が科されたと報じられていました。翌年には活動再開が発表されたものの、結局その発表からわずか半年後に、「ジャニーズ」との契約打ち切りが明らかになります。「ジャニーズサイド」が「赤西仁」の退所を発表したのは、契約が終わった翌日、つまり「“事後報告”」だっただけに、両者には深い溝ができていたとみられています。




ほかにも、報道や「SNS」などを通じて、出席について言及する者もいたようです。

「元TOKIO」の「山口達也」は、同じく「セブン」の「インタビュー」を受けており、「ジャニーさんにお会いしたい思いはありますが、今の私が行くと迷惑がかかる」と欠席する意向を示しています。また、「1975年」「レコードデビュー」の「“大先輩”」「豊川誕」は「8月20日付」の「ブログ」で、招待状の写真を「アップ」しており、出席予定であることをつづっています。現時点では、「豊川誕」が「元ジャニーズタレント」の中で、唯一の出席を表明した者でしょう。

当日、会場に姿を見せる「元ジャニーズ」は、果たして何人ほどいるのでしょうか。

退所以降の「ジャニ―ズ」の圧力が長きに渡り続いていることが発言や行動の制限になっているのが分かりますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました