中島健人&菊池風磨★an・an表紙ウラ話★吐息を肌で感じる★撮影明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中島健人&菊池風磨★an・an表紙ウラ話★吐息を肌で感じる★撮影明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が交代で「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「8月26~29日」放送回に、「中島健人」と「マリウス葉」が登場しました。「28日」に発売された、「中島健人」と「菊池風磨」が表紙の雑誌「an・an」「マガジンハウス」について、撮影の裏話が明かされました。

「中島健人」と「菊池風磨」は、「ジャニーズJr.時代」から「シンメトリー」で踊る、通称「“シンメ”」の関係性で、「ファン」から「ふまけん」の愛称で呼ばれる人気の「コンビ」です。「an・an」の表紙では、「中島健人」が「白シャツ」、「菊池風磨」が「黒シャツ」に身を包み、「菊池風磨」が「中島健人」の肩に手を回す「ツーショット」が選ばれています。発売が発表されると、「ネット」の予約販売が相次いで売り切れ状態となり、発売日も書店では品薄や品切れ状態が多数発生しました。「29日」には早くも「“重版”」されることが決定しました。




そんな中、「27日」放送の「ラジオ」では「an・an」の発売を前に、「リスナー」から「あの「an・an」様にふまけんがドーンと表紙になると知って飛び跳ねました。ネット販売は、すでに売り切れ状態が続いていました。撮影の裏話があったら聞かせてください」という「メッセージ」が寄せられていました。

これに「中島健人」は「まあ、ちょっとね 濃厚な撮影でした」と含みを持たせて「コメント」しました。「2人」で「an・an」の表紙を飾るのは今回が初めてというだけでなく、「2人」だけの撮影自体が久しぶりだったそうです。「中島健人」が「あんなにメンバーの吐息を肌で感じるって、ちょっと久しぶりだった」と言うと、「マリウス葉」は「欲しがっちゃうもんね、カメラさんも。だってないじゃん、「もっと近く、もっと近く」って「言われること」」と、「2人」の距離を縮めたがる「カメラマン」の気持ちに理解を示します。

撮影には「an・an」の編集長がついていたそうで、「どういうのがいいだろうね?」と相談しながらの撮影だったようです。「中島健人」は「結果、あの表紙になったんですよ!まあ、いいの選んだな!」と絶賛していましたが、ほかにも候補になる写真はたくさんあった様子でした。その中でも、「中島健人」にとって大満足な出来栄えとなったのが、あの写真ということのようです。




「あんなに密着したの久しぶりだったので。ちょっと新鮮だったし。インタビューも熱かったですね」と、とにかく濃い内容だったと語る「中島健人」です。撮影中は「どんな風磨を表現したら、彼が良く見えるかな」と考えていたとも語っており、お互いを思いやりながら、「撮影・インタビュー」に臨んだそうです。

また、「マリウス葉」から「ちょっと違うんだろうね。僕たちがいる時の「“ふまけん”」と、2人だけの「“ふまけん”」って」と言われると、「全然違う!あいつの雰囲気がまるで違うから」「もう全然違うよ」と「中島健人」。「2人」の間に「マリウス葉」が入るだけでも、「“ふまけん”」「コンビ」の雰囲気が変わるのだと説明していました。

この放送に「ファン」からは、「ケンティーが「an・an」をめっちゃ熱く語っててうれしい。本当に2人一緒の表紙でよかった!」「「どうやったら彼が良く見えるか」を考えていたケンティー、風磨くんへのリスペクトが感じられて胸が熱くなる」「とにかく今言いたいことは、「an・an」様ありがとう!!!」といった声が続出していました。

「ふまけん」の「2人」しか分からない息の合った動きや「タイミング」のようなものが「スタジオ」内で感じられるようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。