櫻井翔★スケルトン衣装★秘話告白★もともとランニングシャツ着てた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★スケルトン衣装★秘話告白★もともとランニングシャツ着てた」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が、「8月31日」に放送されました。この日は歌手の「矢沢永吉」を「ゲスト」に迎え、「矢沢永吉記念館SP」が行われました。




「矢沢永吉」が音楽を始めたきっかけや、音楽の基礎を学んだ方法など、貴重な話が多く語られる中、この日の「MC」を務めた「二宮和也」が「嵐のみなさんは、若いころに影響を受けた人はいますか?」と質問します。「矢沢永吉」の話があった後ということもあり、「この流れでしゃべりづらい!」と苦笑いしていた「相葉雅紀」でしたが、「1984年」に「新日本プロレス」に同期入門した、「武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也」による「ユニット」「闘魂三銃士」に憧れていたと、まさかの告白をします。

「小学校のときに憧れて、「プロレスラーになろう」と思って頑張ったことがありました」と、かつての意外な夢を明かした「相葉雅紀」です。ですが、具体的に何を頑張ったのか聞かれると、「いっぱい食べた!」という「相葉雅紀」らしい回答が飛び出し、「スタジオ」は大爆笑に包まれます。「頑張ったんだけど、友達にバックドロップされて、痛すぎてダメだと思って」と、夢を諦めた経緯まで告白していました。

その後、「矢沢永吉」が「ソロ」になって初めて行った「コンサート」で、実際に着用した衣装が登場する場面もありました。何の変哲もない「グレー」の「タイト」な「カットソー」でしたが、「アクセントないよな」と思った「矢沢永吉」が厚紙と「スプレー」で星を作り、胸の部分に張り付けたという「エピソード」が紹介されると、「櫻井翔」が「「“本番直前”」ってあるのかもね」と反応します。そして「俺らもスケスケ「衣装」の時さ」と、「デビュー曲」「A・RA・SHI」「1999年」の際に着用していた、透ける「ビニール」の素材で作られた「ベスト」と「パンツ」、いわゆる「“スケルトン衣装”」に言及しました。




「スケルトン衣装」の下には白の「短パン」を穿いているものの、上半身は裸のため、非常に露出度の高い衣装となっています。ですが、「櫻井翔」は「もともと、下にランニング「シャツ」みたいなの着てたじゃん。それを本番直前に「ジャニー喜多川」社長がさ、「上脱いじゃったほうがいいよ」って。ほぼ半裸だったもんね」といい、最初は上半身が隠れた状態の衣装だったと告白しました。すると、「松本潤」が苦笑いしながら「その話と「矢沢の話」は一緒にしない方がいい」と「ツッコミ」ます。「櫻井翔」は「本番直前に「衣装を変更した」っていう話ではね!」と、慌てて言い訳したのでした。

「嵐」と「矢沢永吉」の意外な共通点「?」が明らかになった、この日の放送です。視聴者からは、「本番直前にいきなり「上脱いだ方がいい」は驚いただろうな」「あの有名なスケルトン衣装にそんな逸話があったとは!」という声が。また、「本番直前にムチャ振りするなんて、すごくジャニーさんらしい話「笑」」「あの衣装にランニングシャツはダサいと思うなあ。さすがジャニーさんだわ」など、「ジャニー喜多川社長」の「“思いつき”」に感心する「ファン」も多かったようです。

思い切った「ジャニ―喜多川社長」の演出のお陰で「スケルトン衣装」の秘話が告白されて「ファン」も改めて納得できたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。