ジャニー喜多川社長★Mステ秘話★Jr.演出に情熱★スタッフと言い合いの過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ジャニー喜多川社長★Mステ秘話★Jr.演出に情熱★スタッフと言い合いの過去」の事をお伝えしたいと思います。

「10月」より、「テレビ朝日系」の音楽番組「ミュージックステーション」が、現在の「金曜夜8時台」から「金曜夜9時台」の枠に移動することが発表されました。「9月2日」発売の「週刊ポスト」「小学館」は、この変更に伴い、同番組に「ジャニーズJr.が出演できなくなる可能性」を報じています。

「タモリ」が司会を務める「Mステ」は、「1986年」に放送を開始して以降、「33年間」ずっと「金曜夜8時台」で放送されていました。ですが今年「8月」、「テレ朝」は「Mステ」の前の時間帯に放送している「アニメ番組」「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」を土曜夕方に、そして「Mステ」を「金曜夜9時台」に移動させることを発表しました。




「テレビ業界」では現在、労働基準法に鑑みて「15歳未満の夜9時以降の生出演」を自主規制している状況です。「Mステ」には毎回必ず「ジャニーズ」の「タレント」が出演し、その「バーター」のような形で「Jr.」の「バックダンサー」がついていましたが、放送時間帯が変わることにより「15歳未満のJr.は「Mステ」に出演できなくなる可能性が高いといいます。

「ポスト」もこの件に触れつつ、今年「7月」に「ジャニー喜多川社長」が亡くなったことが、放送枠変更に影響したと伝えています。「ジャニー喜多川社長」が「Jr.」の育成、「プロデュース」に力を注いでいたのは有名なので、「テレ朝」も改編をためらっていたのではないか とのことでした。

実際、「ジャニー喜多川社長」が「Jr.」の「Mステ」出演に情熱をかけていたことは、一部業界関係者の間でも知られていました。




特に「1990年代」の「ジャニー喜多川社長」の熱量は半端じゃなかったようです。「Mステ」の「スタジオ」を訪れた「ジャニー喜多川社長」は、「メイン」の「デビュー組」はほぼ無視して、「Jr.」の演出に心血を注いでいたそうです。ある「デビュー組グループ」の出演時には、「リハーサル」で決まっていた演出を無視して、「“デビュー組の前でJr.が踊り続ける”」という案を強行しようとしたこともあったそうです。「さすがにそれはちょっと」とためらう「番組スタッフ」と言い合いになり、最終的に「ジャニー喜多川社長」が、「スタジオ」の外に追い出されてしまったらしい なんて話もあったようです。「ジャニー喜多川社長」がこだわっていたのは、「どうすればJr.が映えるか」という一点だったのかもしれません。

ですが「ジャニー喜多川社長」の逝去とともに、「Mステ」への「Jr.」出演にも、制限がかけられそうな状況です。事務所としては、特に重視していなかった部分なのかもしれませんが、「ファン」にとっては残念なことでしょうね。

自分の子供達のためなら「スタッフ」との言い合いも持さない「ジャニ―喜多川社長」の情熱は「Jr.」の心に刻み込まれているでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。