松岡昌宏★不思議なもんです&実にいいこと★国分太一の娘に感じる★親心を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★不思議なもんです&実にいいこと★国分太一の娘に感じる★親心を告白」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「9月1日」の放送では、「メンバー」の「国分太一」の娘について語られました。




「リスナー」から「インフルエンザ」についての話題を振られた「松岡昌宏」は、「僕、インフルエンザなったのはね、5歳の時に1回だけなんですね」と、物心がついてから「インフルエンザ」にかかったことがないと発言します。「だから、うちの家族がなっても僕、ならないし。クラスメートがなってもならない」と話し、かつて「メンバー」と合宿所に住んでた頃に、「メンバー」が「インフルエンザ」になっても「俺ならない!」と、近しい人たちが羅患しても自分は大丈夫だったと、元気に語っていました。

また、「松岡昌宏」は最近「インフルエンザ」の「ウイルス」について、新しい知識を得たそうです。「この間テレビで見たら、インフルエンザって発症するしないは別として、インフルエンザのウイルスはうつってるそうですね。だから気を付けなきゃいけないらしいです」と、自身が発症していなくても、「ウイルス」を保有していることがままあるのだと説明しました。件の「テレビ番組」では、感染した本人は「インフルエンザ」の自覚がないにもかかわらず、知らず知らずのうちに誰かに「ウイルス」をうつす可能性があると指摘されていたそうで、「松岡昌宏」は「気を付けようと思いました」と「コメント」しました。

さらに「特に国分さんみたいにお子さんがいらっしゃる人は、そういうとこ、すごい厳しくて」と、「2歳」と「1歳」の娘を持つ「国分太一」について言及する「松岡昌宏」でした。「不思議なもんですよ」と前置きした後、「自分がどうこうじゃなくて。国分さんとかの娘の写真をね、見たりとかすると。ふと思うのは、もし俺がどっかからインフルエンザとか風邪とかもらってきて、国分さんと仕事をして。国分さんに俺のをうつして、そっからこの子たちに行ってしまっては申し訳ない みたいな気分になるのよ」と告白します。自分よりもまず、「国分太一」の娘のことを心配してしまう「“親心”」が芽生えているようです。




それゆえ、現在は「収録前、必ず手を洗うようになった」という変化があったとのことです。「松岡昌宏」は笑いながら「実にいいこと。国分さんのおかげ  国分さんっていうか、国分さんのお子さんのおかげ。ありがとう!」と礼を述べ、「みなさん、健康が第一なんでね。ぜひ、手洗い・うがいしてみてください。ちゃんとしましょう!」と「リスナー」にも呼びかけていました。

「国分太一」が「メンバー」に愛娘の写真を見せていることや、「松岡昌宏」が「国分太一」の子どもたちを大事に思っていることが伝わってきた、今回の放送です。これからは、自分のためにも「“健康第一”」を心がけてほしいものですね。

「松岡昌宏」の弱者に対する優しさが伝わってきますよね。男前「松岡昌宏」らしい子供への思いやりが感じてきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。