安田章大★junkoとの共演★おめでとう&泣きそう★祝福の声相次いだ訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★junkoとの共演★おめでとう&泣きそう★祝福の声相次いだ訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「9月1日」の放送には、「安田章大」の「“大ファン”」が登場し、番組を盛り上げました。

今回は「一見ふざけている様に見えて実はスゴいバンド」特集が行われ、「アーティストゲスト」に「打首獄門同好会」「ヤバイTシャツ屋さん」「四星球「すーしんちゅう」」が出演しました。さらに、「ゴールデンボンバー・鬼龍院翔」を「“解説員”」に迎え、「コミカルバンド」の奥深さについて紹介していきました。




世間一般的な知名度はまだ低いのですが、音楽業界からの評価は高く、熱狂的な「ファン」を多数抱えている「ゲスト3組」です。なかなか「テレビ」に出る機会がないということもあり、「ネット」上では「ゲストバンド」の「ファン」から大きな反響が寄せられていました。

一方で、「Twitter」で「トレンド」入りするほど「関ジャニ∞」の「ファン」からの注目を集めたのが、「打首獄門同好会」の「ベーシスト・junko」でした。「ギター」を「大澤敦史」、「ドラム」を「河本あす香」、「ベース」を「jnko」が担当し、全員で「ボーカル」を務める「打首獄門同好会」は、「2004年」に結成しており、実は「関ジャニ∞」と同期なのだそうです。中でも「junko」は、昨年に「“還暦”」を迎えたことが暴露され、「丸山隆平」は「その肌ツヤで!?」と衝撃を受けていました。

さらに、「junko」が「10年」以上も前から「関ジャニ∞」の「ファン」だと明かされると、「えっ!?」「初期からや!」と「メンバー」一同驚きます。「村上信五」が「何がキッカケで?推しメンバーは?」と質問すると、「junko」は長らく「安田章大」の「ファン」だといい、「安田章大」が自身で「作詞・作曲」した「ソロ曲」「わたし鏡」「2007年」が特に好きだと告白しました。「安田章大」は若干照れつつも、うれしそうな笑顔を浮かべます。




「わたし鏡」について、「10何年、泣きながら聞いてます」と「junko」が熱を込めて語ると、「安田章大」は「本当にマニアックに好きな人じゃないと知ってくださってない曲なんで」と感激します。ただ、その隣に座っていた「大倉忠義」は、真顔で「全然有名な曲じゃないもんね」と「ボソリ」。すかさず「安田章大」が「「全然有名じゃない」って言うな!」と「ツッコミ」を入れ、「スタジオ」は笑いに包まれました。

また、今回の「ジャムセッション」では、「安田章大」と「錦戸亮」が「ボーカル&ギター」を務め、「打首獄門同好会」とともに「日本の米は世界一」「2015年」を披露しました。これに、「レギュラー出演者」の「古田新太」から「junkoちゃん、ヤスと弾ける!」と祝福の声が上がり、「junko」は「このままもう、墓場に直行のつもりで今日来ました」と独特の「コメント」で喜びを表現しました。「スタジオ全体」が「安田章大」と「junko」の共演を喜んでいるような雰囲気となっていました。

「ファン」からも「ヤスくんと共演してることを心から祝福!おめでとうございます!」「junkoさんかわいいかよ!完全にオタクのガチ照れ状態だったよ「笑」」「junkoさんよかったねえ~こっちまでうれしくて泣きそうだよ~!」と温かい声が続出しました。さらには「junkoさん、今度出演される時はヤスと2人で「わたし鏡」歌ってください!」「junkoさんとヤスの共演がもっと見たい!また「関ジャム」に出てほしいな」と、再共演を望む「ファン」も多かったようです。

「安田章大ファン」からも祝福を受け「junko」も忘れられない一生の思い出になったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。