西畑大吾★忍者のモノマネ一発ギャグ★罰ゲームでアンコール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「西畑大吾★忍者のモノマネ一発ギャグ★罰ゲームでアンコール」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「9月1日」の放送は前回に引き続き、「関西Jr.」「総勢30名」が、「なにわ男子」の「西畑大吾チーム」と「藤原丈一郎チーム」に分かれて勝敗を争う「まいジャニスポーツ大会」が行われました。




「5週」に渡って放送された大会も、ついに今回が最後となり、まずは「バレーボール対決」から「スタート」しました。初めはなかなか「ラリー」が続かなかったものの、中盤に「バレーボール経験者」の「なにわ男子・大西流星」が「サービスエース」を決めると、徐々に白熱した試合展開になります。最後は「西畑大吾」の「サービスエース」により、「西畑大吾チーム」が勝利を収めます。

そして最後は、全員参加の「リレー対決」となります。走るのは「トラック1周」で、「アンカー」のみが「2周」走り、「両チーム」の「アンカー」は「キャプテン」が務めるという「ルール」です。「関西Jr.」の中で「一番の俊足」といわれているのが、「100メートル11秒台」の記録を持つ、「西畑大吾チーム」の「古謝那伊留」です。さらに、「キャプテン」の「西畑大吾」も俊足の持ち主ということで、「古謝那伊留」は「関西2トップ来ちゃってるんで、これ多分勝ちますね!」と自信満々です。そんな中、「リレー」が「スタート」すると、なんと中盤からは「藤原丈一郎チーム」が「リード」します。「ラスト」の「アンカー対決」では、「西畑大吾」が猛追を見せるも「藤原丈一郎」が逃げ切って「ゴール」し、今回の「スポーツ大会」は「藤原丈一郎チーム」の勝利で締めくくられました。

ですが、このままでは終わらないのが「関西Jr.」です。最後は負けた「西畑大吾チーム」へ「強制!15人連続一発ギャグ」の「“罰ゲーム”」が執行されることになりました。「西畑大吾チーム」が繰り出す「一発ギャグ」を、「藤原丈一郎チーム」は優雅に鑑賞します。最後は「キャプテン西畑大吾」が「今からみなさんに、忍術を見せたいと思います」と言って「“忍者のモノマネ”」らしき動作をするも、これが見事に「大スベリ」しました。




「西畑大吾」がうなだれる中、「藤原丈一郎チーム」からは容赦なく「アンコール!」の声が飛び、再度挑戦することになります。今度は「グーチョキパーの歌」の「リズム」に乗せて、「右手はパーで左手もパーで ホタテ!」と勢いよく「ギャグ」を飛ばしていましたが、期待通りにまた失笑を買ってしまいます。本人が苦い顔をする中、「藤原丈一郎チーム」からは健闘を称える温かい拍手が送られたのでした。

今回の企画に「ファン」からは、「5週間めっちゃ楽しかったです!みんなお疲れ様でした!」「「スポーツ大会」は毎年の成長を見るために絶対必要!来年も楽しみにしてます!」「改めて、関西Jr.の可能性を感じた。バラエティでもっとたくさん活躍できるといいな」との声が寄せられ、大満足の「スポーツ大会」となったようです。

「大スベリ」しながらも「忍者のモノマネ」をやりきろうとした「西畑大吾」に拍手を送りたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。