村上信五★村上の資産100億円説★鉄板ネタが飽きられる★無反応の観覧客

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★村上の資産100億円説★鉄板ネタが飽きられる★無反応の観覧客」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「MC」を務める「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系、9月2日放送」にて、「村上信五」が「大好き」だという沖縄県の現状を知らされ、悔しがる場面がありました。




「沖縄バブルを調査した件」という「コーナー」で、「セブン‐イレブン」や「PARCO」が沖縄県に初出店するなどし、盛り上がりを見せていると紹介されます。そんな沖縄本島よりも「“潤っている”」のが宮古島だそうで、「2015年」に宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」が開通したことで、観光客が急増していると報告されました。「VTR」に出演した島民によると、海外の「クルーズ船」が毎日来島するようになったため、現在、宮古島では土地の値段が「500倍」になったり、「マンション」や「アパート」の家賃が「2倍」になるなどの「“バブル”」が発生しているということでした。

この「VTR」を見ていた「村上信五」は、宮古島の住民が「土地は500倍位になってます。150坪くらいで2億弱」と話す場面で、「500!?」と目を見開いて驚きます。「2〜3年前」まで「300万円」だった土地が「2億円」になっている、と「テロップ」が出ると、「村上信五」は共演の「マツコ・デラックス」と目を見合わせ、また衝撃を受けます。「マツコ・デラックス」に「買っときゃよかったのに、お前〜!あんだけ沖縄行ってんのに!バッカじゃないの!」と言われた「村上信五」は、顔を手で覆ったり頭を掻いたりし、悔しさを表現していました。

そんな「VTR」後、「村上信五」は腕を組みながら「宮古「がバブルなの」は知らんかったなあ〜」と、再度悔しそうな顔を浮かべてため息。その言葉を受け、「マツコ・デラックス」が「でも村上さん、良かったよ。100億くらいがちょうどいいって、資産」と、冗談めかして慰めの言葉をかけます。これには「村上信五」も「言うなって、もう」と、さも「100億円」の資産を認める素振りをして見せ、視聴者の笑いを誘っていました。




ですが、「村上信五」の「“冗談”」を聞いたはずの「スタジオ観覧客」は「ノーリアクション」だったため、「マツコ・デラックス」が「これ、嘘ですからね?」と慌てて説明します。「村上信五」も「何人か信じて帰りよるから!」と、冗談であることを念押ししていました。

「夜ふかし」では、「マツコ・デラックス」が「村上の資産100億円説」を唱え、「村上信五」がそれを否定するという流れが度々見られますが、そろそろ「視聴者・観覧客」は飽きてきたのかも知れません。「マツコ・デラックス」が「嘘ですからね?」と断言したことで、「“次のネタ”」が生まれると良いのですが。

「視聴者&観覧客」も「鉄板ネタ」を現実的に捉えはじめているのかもしれませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。