KinKi★ジャニーさん、これ読まれへんわ★SixTONESの読み方にボヤき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「KinKi★ジャニーさん、これ読まれへんわ★SixTONESの読み方にボヤき」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「9月2日」深夜に放送され、この日は「堂本光一」と「堂本剛」が揃って登場しました。この日は冒頭、「ジャニーズ事務所」の「後輩グループ」について二人で話し合う一幕がありました。

「堂本剛」がまず最初に取り上げたのは、「2020年」の「デビュー」が決定している「SixTONES」についてでした。「堂本剛」が「先日事務所の後輩のSixTONESの」と書かれた「メッセージ」を取り上げたのですが、「堂本剛」は本来の読みの「ストーンズ」ではなく、「シックスストーンズの」と読み上げてしまいました。これに「スタッフ」から「ストーンズ」と指摘されると、「これでストーンズなんか?じゃあもう「Six」いらんやん」と不満げです。「堂本光一」も「読まれへんよねー」と共感し、「堂本剛」は名付けの真意を聞くため、「ちょっとジャニーさんに電話してもらっていい?」とふざける場面もありました。「堂本光一」も「「ジャニーさん、これ読まれへんわ」って」と乗っかっていました。




ですが、二人はなおも、この「SixTONES」という「グループ名」に「どういうこと?」と首を傾げ、「SixTONES」の字面からなんとか「ストーンズ」という呼び方を導き出そうと、「シック」「シッソーン」などと連呼しました。ですが、最終的には納得することができなかったようで、「堂本剛」は「ストーンズにはならへんよ、これ」と、どこかしょんぼりしていました。

その後、しばし中断されていた「SixTONESとSnow Manの2020年同時デビューが発表されました。ところでSixTONESはジャニーズ初のメンバーが自分で決めたグループ名。もしデビュー当時、お二人がグループ名を決められたとしたらどんな名前がいいですか?」と書かれた「ハガキ」は無事読み上げられましたが、「SixTONES」という名前を自分たちで決めていたことをここで初めて知った二人は、「そうなの!?」と驚きます。また、「堂本光一」が「確か「ジャニーズWEST」の子たちも、メンバーが「彼と彼が一緒じゃなきゃデビューやだ」みたいな、結構直談判あったって話だよね。最近の子たちってそうだったみたいで」と明かしていました。

「堂本剛」はこれに「じゃあ、そういう意思を伝えられる環境で」と再度仰天します。「堂本光一」が「我々の時代、そういうあれじゃなかったよね」と言うと、「堂本剛」も「「君と君で。あ、君も」っていう感じで決まっていったよね」と暴露します。さらに「直談判とかよかったんやったら、「KinKi Kids」「というグループ名」、1回考え直してもらっていいですか?って言ってたよね」と言い、「堂本光一」も、「そういう状況下にあれば、ね」と意味深に同意していました。




この日の放送に「リスナー」からは、「SixTONESを全然言えないの笑った」「一生懸命に後輩グループの名前を発音しようとしてるの可愛すぎる」「SixTONESのことを「しっそん」呼びするKinKiファンが大量発生する未来が見える」という声が集まっていました。

なお、「SixTONES」はもともと「ジャニー喜多川社長」がつけた「SIXTONES「シックストーンズ」」という「グループ名」から「ix」を小文字にして、読み方も変えたものだと「メンバー」が「アイドル誌」などで語っています。この日の放送で二人とも「SixTONES」の読み方を「マスター」したでしょうか。

「SixTONES」の読み方を「ボヤ」いている「ジャニーズタレント」は「kinki」の「2人」以外にもいるように思えるのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。