三宅健★トニセン舞台★決して知ることのない隠れたエピソード★存在匂わす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★トニセン舞台★決して知ることのない隠れたエピソード★存在匂わす」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「9月2日」深夜の放送回では、現在「3人」で舞台に出演中の「20th Century」「坂本昌行、長野博、井ノ原快彦のユニット」に言及しました。

「20th Century」「通称:トニセン」は、「2017年」に音楽と演劇が融合した「3人」だけの舞台「“Play with Music”=TWENTIETH TRIANGLE TOUR「“TTT“」」という、新たな「ジャンル」での作品作りを「スタート」しました。「第一弾」は「戸惑いの惑星」「2017年」を上演し、「2019年7〜9月」にかけては「第二弾」として「カノトイハナサガモノラ」に出演中です。




この日、同作品を観劇したという「リスナー」から「「20th Centuryデス」という曲の歌詞の中に「“ケンゴウオカダ”」という「カミセン」「Coming Century=森田剛、三宅健、岡田准一のユニット」のお名前が入っていたことに健くんはお気づきになりましたか?」という「メッセージ」が届くと、「三宅健」は「そうそう。井ノ原くんに聞いて後で知ったんですけど。御徒町凧くんが書いてくれた詞みたいで。本来、普通だったら、「“ゴウケンオカダ”」になるところを「“ケンゴウオカダ”」にしたんだ、って言ってたらしい」と「コメント」しました。

「御徒町凧」とは、今回の舞台の「脚本・演出」を担当した人物です。「V6」や「井ノ原快彦」の「ソロ曲」の作詞もしている詩人で、「三宅健」とも親交が深い人物です。そんな「御徒町凧」が、「健がこれを見ると思うと泣けるなぁー」と言ってたと「井ノ原快彦」から聞いたらしく、「それがどういう意味だかわかんないんだけど」と前置きしつつ、舞台の感想を「やっぱりトニセンのことをよく見てくれてるし、すごく近くにいてくれる人だから、彼の切り取るトニセンっていうのを見てみたいなっていうのもあったし、すごく良い舞台だったなぁー」と語ったのでした。

さらに「三宅健」は、「坂本くんがさー、良いんだよねー」と「坂本昌行」が壮大に役を演じている姿が良いと語り、「井ノ原くんって面白くて。リアルなのか芝居なのかわかんない、その狭間を行ったり来たりしてて」「長野くんもなにかこう、舞台の中の長野くんをちゃんと演じてて」と、「トニセン3人」の芝居の「スタンス」がそれぞれに違うことを指摘し、「バランスがすごくいい」「面白かった」と称賛しました。




また、この舞台には「ファンの人も決して知ることのない隠れたエピソードも、そこの中にメッセージとして込められている」ことを明かし、「僕はそういうのを知ってたりするから、「あー、そういう意図があってこのセリフをこのメンバーに言わせてるんだろうなぁー」とか。まぁ、なかなか気付く人はいないでしょう」と、「V6」として身近にいる「メンバー」だからこそ知っている「エピソード」も入っていることを匂わせたのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんからトニセン舞台の話聞けてうれしい」「「カノトイ」を見る視点が、愛情もありつつ、やっぱり作る人のものだなあ」「健くんがこの舞台大好きなのが伝わってきて幸せな気持ちになった」「トニセンの演技のバランスの話とか楽しかった」などの「コメント」が寄せられていました。

「デビュー」してからずっと「トニセン&カミセン」の「2グループ」にしか知りえないことがあるのも当然のことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。