手越祐也&小山慶一郎★最強すぎ&本当ポジティブ★人付き合いにおける持論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「手越祐也&小山慶一郎★最強すぎ&本当ポジティブ★人付き合いにおける持論」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「9月3日」深夜の放送回には「手越祐也」が登場し、人見知りを克服したいという「リスナー」に向けて、「手越祐也」らしい「アドバイス」をおくりました。

誰とでもすぐに打ち解けられる「イメージ」がありますが、実は「“人見知り”」だったこともあるという「手越祐也」です。そんな「手越祐也」に「私はとても人見知りです。特にテンションの高い人といきなり話すのが苦手です。販売員として就職が決まり、それまでに人見知りを克服しようと居酒屋でバイトを始めました。しかし、元々できあがっている店員さん同士やお客さんとの輪に入れずに悩んでいます。そこで実は人見知りという手越くんに相談です。どうすれば人の輪に入っていけるでしょうか?」という相談が寄せられました。




すると「手越祐也」は「どうやったら「人の」輪っかに入れるか?俺、無理して誰かの輪に入ろうとすることねぇからさ!」と「キッパリ」。「自分が興味ある人とか大好きな人とか、リスペクトしてる人は「超仲良くなりたい!」と思う方だけど、別に自分に影響ない人もいるわけじゃん?」と言い、そこまで尊敬する相手でなければ「無理して付き合う必要はない」という考えのようです。

一方で、「リスナー」に対しては「「近づいてこないで」オーラを出されたら、こっちも「おいでおいで」って言えないじゃん。だから、ある程度オープンマインドにしてくれないと、こっちサイドも入れてあげづらいね」と、「“輪の中にいる人”」目線で「アドバイス」しました。

さらに「別に人間って、日本が1億「人」だとしたら、自分以外の9,999万人と仲良くしなければいけないかって言われたら、そうじゃないわけだから。自分に合うプラスになる人とさえ仲良くしていればいいと思うけどね」と、全員と仲良くする必要もないとも持論を展開します。「だから、自分が必要だなと思わない人に、何を言われようが否定されようがなんとも思わない!」と、人の目を気にすることもないと語っていました。




対する「小山慶一郎」は、「手越祐也」から見るとかなり「コミュニケーション能力」が高いようです。人の輪に入っていく「コツ」を聞かれると「もう輪の中に入ってると思ってるからね、もともと」と「コメント」します。そもそも「“輪に入ろう”」という思考ではないらしく「「俺の場合は最初から」もう「“輪”」にいるのよ。だから話しかけちゃうの」と明かしていました。

そして「2人」は「自分で壁を作ってるわけでしょ?」「基本はオープンでいったら、オープンで迎え入れてくれる」「自分がさらけ出さないとね」と「アドバイス」を送っていたのでした。

この内容に「ファン」からは「コヤテゴ回答が最強すぎる。悩んだ時に何回も聞き直したい」「テゴちゃんの持論が本当ポジティブ」「私も人見知りだから参考になった。ありがとう」などの声が寄せられていました。

「自分からさらけ出さないと」の「アドバイス」は簡単そうに思えてもなかなか実行できない人が多いもの事実ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。